極めない日々

咲中心の漫画ネタですが、思いつけば特に絞らずに色んなことを書いていきます。 コメントいただければ幸いです。

カテゴリ: 咲-saki-

こんばんは、極めない日々です。

 えー、前回で年内最後の更新にするつもりでしたが、思ったより帰省が遅くなったのでもう一本ぐらいいけるかなと思いまして、書いてみることにしました。
 というわけで、まぁタイトルを見た時点で、「どうせアレだろう」と”常連の皆さんならすでに予想ができてるだろう”ということが予想できますが、 今までもそんなノリでやってきましたので、気にせずに開始したいと思います。

 ちょっと時間もないので急いで行きますよー。

  ●

1.石戸霞
kasumi-osoba

俺氏「わぁ、ペコペコでした!」

 ……なんか冒頭からいろんな人を敵に回したような気がしないでもないですが、気にせず続きを行きましょう。
 霞さんの選択、というか、この画像の選択は、皆さんのご想像のとおりだったのではないかと思います。正直、この画像のためだけに始めた記事ですから仕方ありませんね(開き直り)。

 でも、画像では、全国大会という出先ということもあり出前ソバのようですが、本格的なものでなくていいので、できれば家で用意したいですね。年末のゆったりした時間を閉じた世界の中で誰にも邪魔されずに過ごしたいため、なるべく人が訪ねてくるような要素は減らしたいという気持ちがあります。掃除や新年の準備は早々に済ませておいて、大晦日から正月にかけては霞さんと二人きりでまったりと寝て過ごせたらどんなに幸せかと思います。
 その中で、今年あったことを色々思い返したり、来年の抱負を語り合ったりしたいですね。来年は子ども欲しいね、とかですかね、ウヒヒ。

 あ、キモかったですか? すいません、でも霞さんとの子ども欲しいのでご容赦ください(?)。


2.姉帯豊音
toyone-utumuki

 当ブログ初登場という(不)名誉に関わらずいきなり顔が隠れてしまっている豊音ちゃんです。
 これは決して、僕と一緒に過ごすが嫌で嫌で仕方がなくて普段からは考えられないくらいにテンションがだだ下がりしているとかではないですからご注意ください!

 ……え、違うよね?(顔色伺いつつ)

 僕のイメージとしては、二人でこたつでミカンでも食べながら年末のテレビを見て過ごしているときに「今年こそは、年が変わるまで起きてるよー」とか言ってた豊音ちゃんの11時半頃の様子です。「あれ、さっきまでテレビ見て笑ったりしてたのにな?」とふと目をやると顔が笑ったまま寝ちゃってる豊音ちゃん、クッソ可愛い。
 もうすぐ年明けの瞬間だし起こしてあげてもいいけど、幸せそうな寝顔を見てるとどうもそれも忍びない、ということで毛布を掛けてあげてそのまま寝かせてあげることにします。
 翌朝、目を覚ました豊音ちゃんに「なんで起こしてくれないのー」って両手でポカポカされるかもしれませんが、そんな姿も可愛いですよね。

 まぁ、姉帯さんの恵体でそれをやられたら微笑ましいでは済まないダメージを食らう可能性が高いですけど、一流の豊音ちゃんファンの皆様ならそのぐらい覚悟完了ですよね……?


  ●

 今回は以上です。
 だいぶ早足になってボリューム的にも少々物足りないものがありますが、時間の都合ですみません。全ては霞さんの「おそばきましたよ」の画像が僕の魂に訴えかけてきたから仕方ないんです(開き直り)。
 本当は番外編で大人勢を加えようかと思ったんですが……特に一緒に過ごしたいキャラが出てこなかった。いや、すこやんとかは普通にいいんですけどネタになるような画像がなかったというかなんというか(言い訳)。

sukoyan-asane

 まぁ、すこやんはこんな感じで実家で寝て過ごしているだろうなということが間違いないので、僕がでしゃばる余地はないでしょう(残当)。

 後、すいませんが、コメント返信についてもまた次回とさせてください。

 では、今度こそ、皆様良いお年をお迎えください。

 こんばんは、極めない日々です。

 今までもマトモな記事なんて書いた試しはないんですが、今回は改めて書かせてください。

 閲覧注意
と。 

 もうすでにタイトル部分にあふれていますよね、嫌な予感ってやつが。 
 なので、今回はここで(続きを読む)の側に移動します。

 なお、別にエロい方向には行きません。今までどおり、お下品なだけです。(真顔)


続きを読む


 こんばんは、極めない日々です。

 大変なご無沙汰をして、申し訳ありません。 前回の記事が7月23日ということで半年近く前のことなんですね。(個人的には半年以上過ぎてたと思ってたので、思ったより近かったなぁってぐらいなんですが)
 更新が滞った理由は色々とありますが、最たるものが単なる僕の怠惰であるため、まぁ多くは語らないことにします。ええはい。 

 すいませんでした。(深々)

 さて、辛気臭い話はさておき、何事もなかったように始めたいと思います。
 とはいえ、一時期のうわーってなってた勢いも途切れてしまい、これといって書くことがないっていうのが本音だったりします。 というわけで、こんなときは咲ファンサイトの原点に立ち返り、(とっても今更感たっぷりなんですが)咲11巻の感想でも書いていこうかなと思います。

 もちろん、すでにアチラコチラで散々語り尽くされていることだろうと思いますので、皆さんにとって目新しいことはこれっぽっちもないだろうことは 重々承知の上ですが、まぁ、リハビリみたいなモンということでお付き合いいただければと思います。
 では、早速始めていきましょう。

  ● 

  11巻は、96局「抵抗」から始まるわけですが、この回はもう見どころ満載ですね。
 みんな大好き末原恭子ちゃんの数々の名言が飛び出すのもこの回です。

Kasumi-obake
永水のおp……石戸霞さん(17)

  いや、初めて読んだときは思わず「ファッ!?」ってなりましたね。
 霞さんのおっぱいが規格外であることはもちろん言うに及ばずなんですが、これって漫画的表現なだけで、咲世界的には全然ありな話なんだとばかり思っていました。いわゆるNAGANOスタイルのごとく。
 てっきりその辺りは不可侵の領域なのかと思っていたのですが、ぐいぐい踏み込んでいきましたね。作中には描かれていませんが、

恭子「絹ちゃん、二回戦での露出狂対策教えとくで」
絹恵「えっ」(困惑)

みたいな会話もあったに違いないです。

 でも、やはり、そこは触れてはいけない領域のようです。
 恭子ちゃんの心の声を感じ取ったおっぱ……霞さんから手痛い倍満ツモ親かぶりにてラス転落というペナルティを受け、カタカタさせられてしまいます。

 皆さん、もう見飽きたかもしれませんが、その時のシーンがこちら。

kasumi-tumo
嬉しそうにツモあがりする霞さん(17)

 うわああああっ、霞さん、可愛いよぅ!!

 なんですかね、この嬉しそうな表情。
 いや、そりゃあ倍満ツモってるわけですから、普通に考えたら嬉しくないわけがないんですが、彼女の能力を考えれば、ツモるべくしてツモった倍満です。それをこんなニッコニコで上がられたら点棒から何から全部差し出したくなりますよね?
 
 え、恭子ちゃんのカタカタ画像? 可哀想なので出しません(ぇー)

 ところで、この画像だけでもないんですが、霞さんって試合中、ずっと左手は卓の下なんですね? ツモったときぐらいは手牌を倒すためにも両手を添えている形でもいいんじゃないかなぁと一瞬思ったんですが……

pai-de-pai
手牌を倒す霞さん(17)

 そんな必要は全くありませんでしたね! 左手を使わなくてもパイで牌を倒せばいいじゃない!


 さて、そんな感じで96局の見どころを抑えていったわけですが、最後にもう一つ、重要なシーンを挙げてまとめとしたいと思います。
kasumi-sute
牌を切る霞さん(17)

 …………うぇ!? 
 
 はぁ~、そうなるんだ ぁ……いや、霞さんがツモるときとか捨て牌切るときに手を伸ばしたらお胸様が一体どうなってるんだろうかと常々疑問に思っていたんだけど……なるほどなるほど、そうなるんですか。いくらのどっちで慣れたりとはいえ、上家に座っている咲さんが事あるごとに舌打ちしている姿が容易に想像できますね。(!?)

 しかし、これはまだ手前のほうなんで問題ないですけど、対面の山に手を伸ばすときとかなんて、胸で自分の配牌をなぎ倒さないとツモれないんじゃないかととても心配です。霞さんがチョンボしてしまわないため、いつでも僕をおっぱい支えのバイトに呼んでいただいても構いませんよ!


 はい、というわけで、久しぶりの更新は以上です。
 11巻の感想といいながら、最初の一話分しかやってませんが、時間が取れたら続きも書いていこうかなと思います。期待しすぎない程度にご期待ください。
 おそらく、今後もどこかで見たような更新内容になるんではないかと思いますが、お暇が許せばご贔屓ください。

  ●

 ところで、今回、なんでこんなクッソ久しぶりにブログ更新したかというと、Twitter上で、以下のやりとりがあったためです。

twitter_shinrai
素朴な疑問と(的確な)回答


 ブログの更新がめっきり途絶えてしまってからも、Twitter上で色々つぶやいたりしてるんですが、ブログの頃から僕のことを知っている人以外からも「にゅー=変態」という図式が完璧に出来上がってるんですね、これが困ったことに。
 でも、Twitter上を見るに、僕では到底太刀打ち出来ないような上級者(変態)がいっぱいいると思うんですよ。 そこで、まぁ、久しぶりにブログ更新でもしていかに僕が凡夫であるかを理解していただきたいなと思いまして、今回の更新の運びとなったわけです。
 
 ……ご理解いただけましたか?

  ●

 いつもならここでコメント返信となるところですが、 流石に半年近く前のコメントを引っ張りだすのは、引き出しの奥の厨二病全開ノートを引っ張りだして朗読するに等しい行為なのでさすがにやめておきます。
 そうならないように早々にコメント返信だけでも更新しておけば良かったんですが申し訳ありません。 

 次の更新もいつになるか全くわかりませんが、「それでもいいよ!」っていう人がいらっしゃったらコメントもらえると嬉しいです。 


 11巻感想よりも、Twitterのつぶやきネタを元に話を広げるとかでも面白い気もする……まぁ、予定は未定ということで。

 あ、Twitterといえば、最後になりましたが。

twitter_saikai

 一緒に頑張ろうね!!(就活生に向ける言葉ではない)

 こんばんは、極めない日々です。

 唐突ではありますが、皆さんは、どの程度麻雀の知識がお有りなのでしょうか? 僕はとりあえず、ひと通りのルールは知っており、天鳳とかもボチボチ打ったりする程度には知っています。
 咲という作品はご存知のとおり麻雀を題材にしておりますが、正直なところ麻雀を知らなくても十分に楽しむことはできると思います。むしろ場面によっては麻雀知らないほうが幸せに読める時もあると個人的には思っているぐらいです。
 とはいえ、やはり、メインで扱っている題材なわけですからその知識のあるなしでは作品に対する理解度が異なります。キャラたちの闘牌、点数差に対する考え、手作りや和了役への思い入れ、様々な形で自分が感情移入したり、あるいは反発したりすることもあるでしょうが、そういった意味も込みで楽しむことができます。

 そして、何よりも、「咲キャラたちと一緒に麻雀打ちたいよ~」って妄想がより具体的にできますね!

 ここで大事なのは具体的にというところです。麻雀を知らなくても咲キャラたちと並んで座ることはできますが、実際に試合の状況がどうなるのか、というところまではわかりません。これでは、別に麻雀じゃなくっても良くない?っていうことになってしまいますからね。

 さてでは、僕ならば一体どのキャラと卓を囲み、どんな風な試合運びとなるのでしょう。ちょっと考えてみましょう。今回は、当ブログの従来のイメージを払拭し、咲ブログらしく麻雀をテーマに記事を書いていきます。(キリッ

 なお、記事は、僕以外は咲キャラで対戦メンバーを組むということで、基本的に3人一組として候補を挙げていきたいと思います。後、名前の順番は僕から見て上家、対面、下家の順番です。
 では、早速参りましょう。


1.神代小蒔、石戸霞、原村和
 まずは、安定のメンバーと言えるでしょう。「どうせおっぱいで選んだんだろう」ですって?

 ……そうですが、それが何か?(人間のクズ)

 すいません、物を投げないで下さい。でもですね、ちょっと考えてみてくださいよ。この対局が実現した場合、僕からの目線では、この絵面になるわけですからね?

komaki-kasumi-nodoka

 これもうアレですよね、対局中にうっかり間違って違うパイをツモってもなんかウヤムヤでOKになるパターンですよね(なんでだよ)。これはもうメンバーに入って打つしかありません。

 さて、卓を囲むだけで視覚的に嬉しいことは十分に伝わったはずですので、実際に対局が始まったら内容がどうなるか考えてみましょう。対局は僕がすぐに飛ぶ(残当)ことも考慮に入れて半荘5回ぐらいは回したいところですね。

 まずは言うまでもないですが、この対局においては、小蒔ちゃんをいかに眠らせないかが重要になってきます。なので、ここは一つ卓外での心理戦を仕掛けてみましょう。のどっちは神様をおろして麻雀を打つなんてオカルトは絶対認めないでしょうが、霞さんは小蒔ちゃんのことをよく知っているわけですから、協力してもらえるに違いありません。
 小蒔ちゃんが寝そうになる度に(小蒔ちゃんから見て)上家、下家がちょっかいをかけてきて眠らせない。オマケに下家(俺氏)は下家だけあってシモネタ全開で来るわけですからオチオチ寝るわけにはいきません。ただまぁ、眠ったスキにちょっと小蒔っぱいツモったりしたいから少しぐらいなら寝てもらってもいいですよって言おうと思ったけど、さすがにそこまでは霞さんが許してくれない模様。

霞「誰がそこまでしていいって言ったかしら」ゴゴゴ……
俺氏「すいませんでした! ちゃんと麻雀やります!」タン
和「それロンです、12000。飛び終了ですね」
俺氏「あ、はい」

 そんな感じで最初からペースを乱さずに自分の麻雀を打ったのどっちがリードする形で2半荘が終了。
 最初はそこまでガチで勝ちを取りに来ていたわけではない霞さんものどっちの連勝にそろそろ「苦手分野」を行ってみることに。そっから場が大荒れ模様になってきます。

霞「ツモ。メンチン平和イーペーで8000オールお願いしますね」
俺氏「はい……あ、足りません」
霞「あらあら、足りない分は体で払ってもらおうかしら」
俺氏「良いんですか!?」ガタッ
和「ダメに決まってます。次の半荘はじめますよ」
俺氏「はい……」ガタ

 そうして、迎える第4半荘。今度こそと奮起する俺氏の起親。

俺氏(起親は正直苦手意識あるが、なかなか悪くない配牌だぞ)タン
小蒔「ロン、32000」
俺氏「寝てるーー!!」ガビーン
霞「あらあら」
和「どう見ても起きていますよ。変なこと言ってないで最後の半荘を始めましょう」

 こうして、いつの間にか寝ていた小蒔ちゃんの役満によって親の第一打で終わる第4半荘。
 そして迎える最終局。その前に……

俺氏「みんなにお願いがあります」(ゲザー)
和「な、なんですか、いきなり」ビクッ
俺氏「最後の半荘だけ、箱下ありでお願いします! 最後までやらせてください」
霞「ふんふむ。私は構わないけど、みんなはどうかしら?」
和「私も別に構いませんよ」
小蒔「……」(スヤー)

 というわけで、それまでのすべての半荘が俺氏の飛び終了だったため、最後ぐらいは意地でも一矢報いたいという思いから箱下ありルールに変更。
 結果は言うに及ばす……そこには、美少女巨乳女子高生に寄ってたかってむしり取られる俺氏の姿が!
 というわけで、最終的には大会団体戦ルールでも飛ぶぐらいにマイナス食らったらしいです。


2.花田煌、蒲原智美、真瀬由子
 天国と見せかけて実は地獄だった対局を味わった俺氏、心身ともに疲れ果て、フラフラとさまよい歩き、ついに第二の楽園とも言うべき卓を発見するのであった。

 ぐう聖の筆頭たる煌ちゃんと、いつも笑顔の智美ちゃん、そして由子ちゃん。同卓についただけでもう癒されるの間違いなしですよ。もちろん、攻撃的な能力を持っていないにしても、それぞれ全国、あるいは県決勝レベルですから僕なんぞが相手になるものでもないでしょう。

 でもそんなことは全然構わないのです!

 普通に何回か半荘を回して、まぁ、当たり前に僕がラスを引くことになるでしょう。でも、由子ちゃんに「ロン、タンヤオドラ5、ドラたくさんよー」とか名台詞言われてちょっと感動してみたり、智美ちゃんにいつもの笑顔で「気にするなー」とか励まされたり、煌ちゃんにたまの和了を「なかなかすばらですよ」とかほめられたりできればそれだけでもう大満足です。
 その後、まったり会話しながら反省会をして、最後にお礼に皆にご飯でもご馳走して充実の一日が終了。その頃には、最初のズタボロにされたおっぱい勢との対局のことも忘れて、勝てなくっても麻雀って楽しかったな、明日からも頑張ろうって気持ちが湧いてくるはずです。
 後は、女子高生連れてるところを見られて警察に声かけられたりしないことを願うばかりですね!


番外編1.うたちゃん、すこやん、はやりん
 このメンバーでは正直、勝ち負けどころか、まともに麻雀を打とうだなんてことさえも微塵も考えません。怖いもの見たさとか、記念に一半荘とかそういうノリです。ただ、重大なトラウマを負わないよう何があっても半荘1回限りだけでお願いしたいです。
 でも咲の世界で考えればプロと打てるイベントとかめっちゃ人集まるでしょうね。トッププロとやるとなれば、1半荘だけでも参加料とか凄い取られても不思議じゃない。そう考えれば、このメンバーを一度に集めてプロ・プロ・プロ・自分とかの構図にしようものならかなりの金額が必要そうですね。というわけで、さらに、この中で一人に絞るということで考えるとやっぱすこやんでしょうかね。まぁ、僕相手で本気の打牌をしてくれない可能性も大いにありますが、一度、国内無敗の本気というやつを見てみたいものですね。

 ……ふと思ったけど、そういうプロを高校生の練習のためにたくさん集めることができるいくのんって一体何者なんだろう? 意外にプロの対局料が安いのか、いくのんが何やら色んな人の弱みを握っているかのどちらかでしょうね……。


番外編2.沢村智紀、愛宕絹恵、妹尾佳織、渋谷尭深
 ルール無用の4人構成ですが、なぜこういう選択基準は言うまでもありませんね? 僕の大好物であるところの眼鏡っぱいキャラたちです。
 正直、このメンバーであるなら、僕は一緒に打てなくていい。試合をしている様子を見ながら、雀荘の店員のごとくお茶くみとかして、後は背景として「ざわざわ」言っておきます。そしてみんなが山に手を延ばす際に揺れるおっぱいに震えたりして過ごしたいです。

 ところで、このメンバー、気付いた方もいらっしゃるでしょうが、前回のコメントで教えて頂いた例のイラストの4人組です。最初は、あまりキャラを知らないたかみーを除いた3人にお相手してもらおうかと思っていたんですが、あの素晴らしいイラストを見てはそんな気もなくなってしまい、僕は傍観者の位置に甘んじることにしました。それでも十分に嬉しいです!

俺氏「というわけでよろしくお願いします!」
4人「……」←エトペンを見るような目

 4人がかりとか強烈ですよね。もっかいお願いします!

  ●

 さて、いかがだったでしょうか。
 なんか、たまには真面目なことを書こうとかちょっとだけ思ったけど、思っただけで終わってしまったというのはいつものことですね。それどころか当初の「麻雀知っていたら具体的な闘牌が云々」も全て無視して、「こいつ結局おっぱいのことしか頭にねぇよな」と皆さんに思われたことではないかと思います。全く言い訳次第もないですが、まぁ、こういうゆるい姿勢が当ブログの持ち味ということでご理解いただけると幸いです。

 なお、本当は他にも打ってみたい人はいっぱいいますけど、流石にあげきらなかったので、他メンバーについては皆さんのご意見などお聞かせいただければと思います。

 では、だいぶ遅くなってしまっていますが、コメント返信をしていきたいと思います。

続きを読む

このページのトップヘ