こんばんは、極めない日々です。

 前回は、勢いにかこつけて、自分の欲望丸出しの記事を書いてすいませんでした。
 …………いや、まぁ、ホントはそんなには申し訳なく思ってないんですけどね(おい)。
 むしろ、正直なところ、思う存分好きなことが書けて気分スッキリンコ状態です。先週は色々と大変なこともありましたが、満足行く霞さん妄想ができたおかげで乗り切ることができました。 

 というわけで今日の更新は、いつもどおりの適当なテンションで行きます。(前回もそうだったよな……)


 最近、僕のブログでは霞さんやはやりんが大活躍しています。
 それはそれで楽しいのですが、「ああ、こいつおっぱいしか興味ねぇな」と、皆さんから僕について誤解した認識を持たれないかとても心配しています。
 そこで、今日は今までになかった、全く違う切り口から攻めてみたいと思います。

  ●

 では、早速、今日の本題に入ります。
 まずは、以下の画像をご覧頂きましょう!

himematsu-hikae

 二回戦先鋒戦での姫松控え室の1シーンですね。

 絹ちゃんが大胆にも控え室でオ○ニー しているようにしか見えません。
 顔は平静を保っていますが、内心どんな気持ちなのかわかりませんよ。
 チームメイト、特になんといってもお姉ちゃんにバレるかもしれないこの環境で、足を組んで誤魔化しつつ、左手でコッソr……注目するのはそこではありません。


 赤阪郁乃ちゃんです!


 あれ? みなさん、反応悪いですね。
 ……あっ、あーあー、確かに。この画像だと、いくのん、ちょっと見切れてますからね。わかりにくいですよね。


 じゃあ、次はこの画像を見て下さい。
himematsu-hikae2

 ……もういいですかね、このネタは?


 でも、僕が見た限り、1枚目がいくのん初登場シーンです。
 見切れてはいますが、服装とかは変わってない様子なので、ストーリー上、必要が来るまで出番が先送りされてしまったんでしょうね。
 そして、2回めの登場のすぐ後、恭子ちゃんによる漫ちゃん推し回想シーンの最中でようやく全身が描かれます。

 どうですか、このカワイさ!

ikunon-kui

 僕は、実はこの人、結構好きなんですよ。

 どこが魅力かと問われると、何をおいてもこの胡散臭い笑顔ですね。
 代行とはいえ、名門高校の監督に選ばれるぐらいですから、当然、相応の実力、あるいは実績の伴った人物なんでしょうが、そんなことは微塵にも感じさせない雰囲気。彼女に初めてついた擬音は、「ひょこひょこ」、ついで「フララ」です。もはや、三半規管に障害があるんじゃないかとしか思えませんが、それすらも彼女の実力を隠すための演技に思えてしまうのです。


 だって、上の画像をもう一度よく見てくださいよ。何か足りないと思いませんか?
 そう、おっぱいが足りないですね!?
 がっつり胸元の開いた服を着ていますけども、なんて自己主張のない慎ましやかで大人しいお胸様でしょうか。ぶっちゃけ貧乳さんがこんな格好をすると、屈んだときとかに中身が見えるので嬉し……もとい、あまり良くないと思うんですけど、まあ、今はそれはさておいて!

 皆さん、考えてみてくださいよ、咲世界の貧乳勢を。
 すこやん然り、宮永姉妹然り、ころたん然り、いずれも劣らぬぐう畜……もとい、実力者ばかり
 当然、いくのんだって負けず劣らずな実力と、畜生力を持っているに違いありません。つまり、この胡散臭い笑顔は、彼女の真の姿を韜晦するための演技なのではないかと思っているのです。
 実際、いくのんもぼんやりフラフラしているようで、エイスリンちゃんや、咲さんの県個人予選の牌譜のフシギにしっかり気付いたり、戒能プロはじめ、多くのプロに人脈があったりと、隠し切れない実力者の片鱗が見えております。
 すでに何回も言っていますけど、僕はこういう「普段は実力を隠してホントは凄い」みたいなキャラが結構好きです。すこやんとかも、普段の姿からは凄みは全く感じられないですよね。そういうところがイイ。


 そして、いくのんの場合、糸目キャラのお約束、ここぞという時に目を開く、ということをやってくれます。

ikunon-yowai

 あう……あうあう……たまらんのう、たまらんのう!
 こんな顔で罵られたら……!(ビビクンッ



 だってね、いくのんの普段の表情、これですよ?

bakuhatsu-mada

 こんなトボけたお姉さんがいきなり豹変するんですよ。

ikunon-yowai


 これはいかに僕が全然マゾとかそんなんじゃないにしても、来るものがありますね!

俺氏「いくのちゃん、僕と麻雀やろうよ!」
郁乃「えー、でもにゅーちゃん、むっちゃ弱いやん」
俺氏「はひぃ……じゃ、じゃあ、エッチなことしようや(ウヘヘ)」
郁乃「嫌やわー。にゅーちゃん、そっちもむっちゃ弱いやん」
俺氏「あひぃ」(ビビクンッ

 これは酷い。(お前がな)


 さて、ここで突然ですけど、ちょっとした実験をしてみたいと思います。

洋榎「なんやアンタ、めっちゃ弱いやんか」
俺氏「はい……すいません」

 普通に凹む。

恭子「アナタ、むっちゃ弱いですね」
俺氏「いや、あの……はい」

 普通に凹む。

漫「めちゃめちゃ弱いやないですか!」
俺氏「うぐぐ……はい。(……デコペロペロしたい)」

 普通に(?)凹む。

絹恵「なんや、めっちゃ弱いですやん」
俺氏「すいません……。あ、もう一回お願い出来ますか?」

 変態。(俺が)

由子「えー、むっちゃ弱いのよー」
俺氏「あうぅ……ごめんね、由子ちゃん」(ハァハァ

 キモイ。(俺が)

雅枝「アンタ、全然アカンわ。めっちゃ弱すぎやん」
俺氏「は、はひぃ」(ビビクンッ

 イッた。(俺が)


 なかなか有意義な実験でしたね。
 僕のキャラに対する「好き」さ加減に「変態」成分がどれぐらい含まれるかによって、罵られたときの僕の反応も変わってくるようです。
 いくのんのポジションは、由子ちゃんと雅枝さんの間、あるいは雅枝さんよりも上のポジションですね。なんか、大人キャラのほうが変態レベルが上がっていくとはどうにもならない変態だと思いました。(実験に対する考察)


 というわけで、酷い投げっぱなしですが、なかなか陽の目を見ない監督キャラではありますが、いくのんが今後も活躍してくれることを期待して、今日の記事を終わりたいと思います。

 ……一人のキャラに対してアレコレ書く記事、楽しいなぁ……(味をしめた模様)

  ●

 はい、では、引き続き、恒例のコメント返信コーナー(?)に移りたいと思います。

 最近、皆さんからいただけるコメントの長文率、変態率が高まってきて、僕としても読んでて楽しい限りです。一方で僕の返信内容が試されているような気がして、これは負けられないな、と頑張っていきたい所存。
 もちろん、一言コメントでも精一杯返信させてもらいますんで、是非ともよろしくお願いします。

(「続きを読む」からお願いします) 
 
>極めないニワカさん
>大体(私の思考回路と)合ってる
>霞さんに膝枕されて、おもちに挟まれたい

 勢いばかりで書いた記事ですが、早速同意いただけるコメントがあってとても心強いですね。
 こう見えて、結構、記事を書いた後に、「今回のネタはみんな引いたかなぁ」とか心配に思うタチなんですよ。いや、本当に、こう見えて。そのくせ改善はしないからタチが悪いとも言いますが……。 

 さて、コメント頂いたシチュエーションですが、まさに前回の記事で言う「例の視点」ですね。 もっといえば、あの視点からおもちが徐々に眼前に迫ってきて抵抗むなしく窒息させられるわけです。まぁ、抵抗なんてしませんけどね!

 むしろ、どうやって挟まれる方向に誘導するかが、腕の見せ所ですよね。
 やはり、まず最初に思い浮かぶのは、以前にもどこかで書いたように、膝枕状態からの「リモコン取って」作戦です。 ここでリモコンというのはあくまで一例で、要するにちょっと手を伸ばさないと取れないものを取って貰い、腕を伸ばすときに少し体が前傾するのを期待するわけですね。
 この方法の良いところは、自然に霞さんに甘えつつ、プラス膝おもちはさみをしてもらえるという点ですよね。……え、全然わざとらしいですか? まぁ、霞さんのおもちサンドに比べたら、そんな細かいことは別にそんなことはどっちでもいいですよね! 是非とも、挟まれライフを堪能したいと思います。(なんだそれ)
 

>ロロロラララさん
>私の朝は、霞さんの母乳から始まる。
>私の夜は、霞さんを抱き枕にして終わる。

 前回の記事では朝に関する考察が抜けていましたね。これでは片手落ちと言わざるを得ません。
 夜に霞さんにお出迎えしてもらって、癒してもらったからといって翌日の目覚めがよくないと、やはり、一日の仕事がはかどりません。一日を健康に過ごすためにはしっかりとした朝食を取ることが大事、というのはよく言われていますが、それが……フフフ……霞さんの母乳とか……フフフ。(きもい)

 いやいや。

 いやいやいや。

 実はですね、皆さん、意外に思われるかもしれませんが、こう見えて母乳プレイって苦手分野なんですよね(どう見えてるのかわかりませんが)。
 おっぱい大好きなんですけどね、なんかアレには食指が動かない。やっぱり、ガチ赤ちゃんの飲み物として脳みそがどっかでセーブかけてくるんですかね? それだったら、今日の記事とか、もうちょっとそのセーブ機能が働いてくれても良いような気もしますが。
 まぁ、苦手も何も現実にはやったことない(残当)ですから、実際にやってみると意見が変わるかもしれません。ここは是非とも、霞さんにご協力をいただきましてその道に目覚めたいと思います。
 まずは、母乳のためには子作りですよね! DINKS脱出の日も近いようです。(そのためにかよ……)

 ていうか、何をマジメに語っているんでしょうね。
 でも、どんな下ネタでも真剣に受け止めるのが当ブログのポリシーですから、皆さんも素直な欲望、ドンドン書き込んでくださいね!

 なお、霞さんを抱き枕にした場合、豊か過ぎるおもちと、燃え上がる劣情のために安眠はできない模様。(これまた残当)


>極めない名無しさん
>霞さんのパートタイムの仕事って何かと考えた時に、胸の大きな人が胸でスイカを割ったり、缶を潰したりすることができたのを何故か思い出しました。
>霞さんももしかしたらそんな仕事に…
>ということを考えているアホな私をその胸で潰してほしいです。

 SSの「絶対に笑ってはいけない全国インターハイ」ネタで、そういうのがありましたねー。アレは、笑いすぎで腹が痛くなるほど大好きでしたが、さすがにそれは仕事にはならないかと思います。

 ……いや、でも、霞さんの胸で割ったスイカとかなら高く売れるかなぁ……?

 どうですか? 実演販売で、霞さんが胸で割ったスイカとか売ってたら。まぁ、僕ならとりあえず買いますよね。定価の倍ぐらいまでなら。多分、なんかわからないけど、普通のスイカよりも甘いんじゃないかと思いますね。

 でもでも、さらに考えてみると、咲世界のおもちの柔らかさといったら、かなーりのものだと思われますんでね、そもそもスイカ割ったりとか、缶を潰したりとかできないんじゃないかと思います。

 だって、これですよ?
nodoka-etopen


 男なら誰しも一度はエトペンに憧れる。まさにそんな一瞬ですね。
 ころたんが引っ張ったぐらいで引きちぎられてしまうようなぬいぐるみがむしろ押し返すほどの柔らかさ。この瞬間、多数のカメラが彼女の姿を捉えていますが、これが全国放送された日にゃ、世の男子高校生のその日の夜の活動にシンクロシニティが発生してしまいますよね。むしろエトピリカになりたかったペンギンになりたかった男子高校生とかそういう感じですよ(?)。

 当然、霞さんのおっぱいだってむにょんむにょんに違いありません。スイカを割ろうにもスイカがおっぱいにめり込んできてしまって、とてもとても……というわけで、残念ながら霞さんのおっぱい仕立てスイカは購入出来そうにないです。次の商売のアイデアを探っていくとしましょう。


>ロロさん
>霞さん満載でしたね。やはりその母性に惹かれるというのが大きいというのでしょうか?
>私はあえて、霞さんの幼さを見たい気がしますね。
>そうですね。折角料理の話をしたので、次はお風呂の話でも。まず私が覗く→怒られる→しょんぼり→入れて貰うという様式美があります。
>その後、ここは普通の話をしたいですね。何気ない話をしながらその姿を堪能するプレイスタイル。なお恥ずかしがるはずですので全身をチャンスは少ないです。なんとか背中だけは見ることができるので、お背中を流しながら様子を見ましょう。
>湯船に入る時に全身を見るチャンスが大いにあります!ここを見逃しません!
>ここが一番やってみたいのですが、湯船につかった後、本編で和がお風呂で使っていたペンギンのおもちゃ。あれをやえさんにぴゅっぴゅして貰いましょう。なお私ももう一つ用意してぴゅっぴゅし合います。楽しくもなにやら興奮が芽生える行為ですな!
>という、よくわからんテンションで話をしました。これにて!

 幼い霞さん……ですか……

俺氏「オシメかえまちゅよー」
霞「ばぶー」

 多分、こういうことが言いたいんではないんだろうな、ということだけは分かりました。

 あー……でも変な興奮覚えたわぁ。今まで霞さん相手に赤ちゃんプレイというネタはこのブログでも何回か出て来ましたが(どんなブログやねん)、このパターンは新しいですね。
 この場合、相手はしっかりしてそうな人のほうがより興奮度が高まりますね。例えば、小走先輩とかも……あ、あかん、ダメッ! 僕の……僕なんかの脳内でこんな風に小走先輩を汚してはダメェ!

 あ、危ない……このジャンルは危ないです。下手に手を出すのはやめておいたほうが良さそうですね。いつか、しっかりと本編のほうで扱いたいと思います(キリッ)。


 と、言うわけで、えー、早速コメント内容についてですが……和がお風呂で使っていたおもちゃですけど、本当にどーでもいい話ですけど、あのお風呂って、あの堅物の親父も入るんですよね。その空間にあのおもちゃんが置いてあるってなかなかシュールですよね。

 もしかして、あの堅物親父も、まだ登場してない和のお母さんと一緒に風呂に入ったりして、あのおもちゃでピュッピュしたりして遊んでるんでしょうか……(戦慄)

 和のお母さん……ただの希望込みの想像ですけど、和との親子関係を考えるに、ピンク髪のおっぱいちゃんなんでしょうねぇ……。く……完全にあの親父のイメージが変わってしまったぞ。
 ケシカラン! 実にケシカラン!
 僕もいい歳こいてピュッピュしてくれる奥さんがほしいと思いました(こなみ)。

 ……相変わらずだけど、これ、いっこもコメント返信になってないよなぁ……。
 本当に申し訳ないと思いつつも、これがウチのブログの持ち味だと理解いただければ幸いです。
 

>極めない名無しさん
>霞さんの胸に飛び込んでみたい

 霞さんの胸の反発係数を考慮すると、下手に飛び込んだばっかりに跳ね返されて後頭部を地面に強打してしまうんじゃないかということを心配しましたが、よくよく考えると、先ほどの画像のとおり、この世界のおもちの柔らかさはエトペンのお墨付きの模様。なので、飛び込んでいけばそのまま包みこんでもらえる可能性のほうが高かったですね。

 でも、できれば下の画像のはっちゃんのように、霞さんの支えとなるべく、胸の下に入り込んでみたいところです。
kasumi-komochi

 たっぷりとした存在感と重量感を身にしみて感じ、日頃の霞さんの苦労を味わいつつも、彼女のお手伝いをしたいところです。
 変態妄想で甘えたいとか色々言ったりもしますが、時には霞さんの役に立ちたいって思ったりもするんですよ! もちろん、後でご褒美はいただきたいところですけどね!

霞「あなた、すっごく弱いですね」
俺氏「はいぃッ、弱いですぅ!」(ビビクンッ

 ご褒美、いただきました!

 ……何、書いてんでしょうね、この人は……。
 

>けすけさん
>ああ、にゅーさんのおかげで今日も警察の皆さんの仕事が増える。
>最終的には警察のお兄さんとも何だか仲良くなっちゃって、一緒に団欒を囲んでいてもいいかもしれない。

 いやぁ、別に警察さんのお仕事を増やしたいと思っているわけではないのですよ! むしろ、まだ何もしてないんだからそっとしておいてくれればいいのにと思います。いずれ何かやるんだからほっといてよ!(だから、ダメなんだよ)

 さて、そういうわけで警察のお兄さんとは仲良くするのはなかなか難しそうではありますが、警察のお姉さんとなら仲良くすることは可能な気がします。咲界のコスプレキャラ第一人者といえば荒川憩ちゃんのナースですが、今後、もしかしたらミニスカポリスキャラが出てくるかもしれません。「そのイーピン、逮捕しちゃうゾ」みたいなね?(発想がオッサンなんだよなぁ……)
 そういうキャラが出てきたら、警察サイドとも仲良くなれるように思います。ただし、そのキャラは是非とも太ももムッチリちゃんでお願いしたいところですね。
 そう、例えば絹ちゃんのような……!

俺氏「絹ちゃん、俺のこと逮捕してくれー!」
警察「俺が逮捕したるで」
俺氏「あ、はい」

 やっぱり、天敵なのだと確信しました。


>虎姫魂を感じるさん
>DINKSとかいう単語が自然と使えるところに、管理人さんの隠しきれない
>知的さが窺えますね。知的さと変態さの奇跡的なハイブリッドです。
>「巫女さんは諸事情により続けられなくなった」という一文を読んで、
>ああ乙女じゃなくなったもんね、ちかたないねとしか思えない私とは雲泥の差です。

 まぁ、それなりに年を取っていけば、知っている単語も増えるものです。知性が本当に表れるのは、それをどうやって使うか、というところなんですが、少なくとも前回記事のような妄想で使っている分には知性が死んでいる可能性が高いんですよねぇ。
 そして、実際に今回の記事……自分で言うのもなんですが、これも無茶苦茶頭悪いですよ!?

 他のブログ様で、咲の打牌とか点数の推移の考察とかされているところを見るに、一生僕には書けない記事だなぁ、と思いますねー。
 一方で僕の記事とかは、本能のままに書いてたらいつの間にか仕上がっていますから頭使わなくても全然OKです。まぁ、書けないときは全然書けませんし、書き始めと書き終わりでやりたかったことの内容が全く変わってしまっているなんてことはよくあることですけどね。
 今日も当初は、いくのんを普通に紹介する記事を書くはずだったのに、なんであんなことになってしまったのか、僕にも今もって全く理解できません。(おい)

 でもまあ、あの記事が楽しくて仕方ない自分がおります。ご趣味に合うようでしたら今後もよろしくお願いします。なお、例の一文にはまさにご想像どおりの意味を込めております。読み取っていただいてありがとうございました。


>HSSさん
>霞さんのあの溢れんばかりの母性にはついつい甘えたくなりますね。
>しかし私はあえて霞さんには少し年の離れたお姉さんになってもらいたいなぁと。
>あんまり甘えすぎてしまうと自分がこれ以上の駄目人間になってしまいそうで……。

 えーっと……まずは高らかに宣言したいと思います。

 駄目人間になりたい!

 ここがスタートラインです。これ以上駄目になったとして、それこそまさに本意と言えましょう。
 霞さんにとってこれ以上迷惑な話はないんですけども(!)、そんな駄目人間っぷり全開のところをなんとか「もう、しょうがないわね」の一言でオールオーケーにしてもらおうという無理難題、それが前回の記事だったわけですね。

 イメージとしては、下の画像。
kasumi-sorosoro


 なんか訳の分からないワガママを言っている僕に対して、「はいはい、もうしょうがないわねぇ」と対応してくれる霞さんの様子をイメージしてください。
 いやぁ、いいですねぇ。この僕の充足感、お伝えるすることができれば良いのですが、もし伝えきることができなかったとしたら、また近いうちに霞さんについての記事を書くときが来そうです!(またやんの?)

 とはいえ、一方で、歳の離れたお姉さんというのもいいですよね。この場合は、どっちかというと、実姉というよりは近所のお姉さんというのが理想ですね……って、あれ、それってもしかして、小蒔ちゃんのことじゃね? まぁ、歳は離れてないですが、一緒に学校行ったりしてるっぽいし近所のお姉さんポジションですよね。

 やっぱり、小蒔ちゃんには嫉妬せざるをえないようです。
 「悔しいのでおっぱい揉ませろ!」って言いがかりつけたら揉ませてもらえませんかね?

警察「まぁ、無理やわな」
俺氏「そうですよね~」

 お互いに慣れたものですね。やっぱり、ちょっと仲良くなってきたかもしれません。


>極めない名無しさん
>霞さんに授乳手コキされたら嫌なことが全部忘れられそう
>はーいぴゅっぴゅとかいわれながらされたい(変態並の感想)
>来年の夏コミあたりに霞さんの薄い本が少しはでそうだから楽しみなんじゃ^~

 ついにこの日が来たか……という感慨深い思いで一杯です。

 ブログを作って約3ヶ月。最近は、更新頻度もめっきり減ってしまった……とはいえ、一回の更新における量的な部分は、皆さんのコメントのおかげさまで随分と充実してきたと思っています。
 そんな中、最初はおしっこでさえ伏字にしていたというのに、ついに「授乳手コキ」の文字が飛び出す日がやってこようとは……!

 これってホントに咲ブログだよな?!って自分で何回も確認したくなる状態ですよね。こんなこと書いてる咲ブログなんて他に……まぁ、あるか、例のブログとかそうですよね。(どこを想像しているかはご想像にお任せします)

 良かった良かった。先達がいましたよ。僕は決して一人じゃない。
 というわけで、早速掘り下げて行きましょうか!

 コミケに行く元気は最早僕にはありませんけども、霞さんの薄い本があるのならば、通販を使ってでも何としても入手したいところですね。
 でも、こういうのってなんていうか、変態故のコダワリの深さとかがあるので、作成側の趣味と僕の趣味が必ずしもマッチしているとは限らないのがツライところです。その点におきまして、霞さんによる授乳手コキプレイの薄い本ならば高確率で即ゲット間違いなし。間違いなしですよ!(同人誌とか作れる人への熱いメッセージ)

 しかし、咲ジャンルで考えた場合、どうしても思いつくのは百合百合しい本ですよね。ですが、僕は咲世界に触れておきながらなんなんですが、あんまり百合百合しいのは得意ではないです。
 あえて、考えるなら、霞さんの場合、小蒔ちゃんやはっちゃんあたりが相手役の第一候補でしょうね。
 霞さんと小蒔ちゃんの組んず解れつなおっぱいプレイとか、霞さんのドS責めxはっちゃんドM受け(まんまやな)によるプレイとかになるでしょうねぇ。
 うーん……まぁ、買うなぁ(結局なんでも良い模様)。

 というわけで、次のコミケでは霞さんの薄い本に注目ですね。情報ありましたら、是非よろしくお願いします。


>若竹さん
>過去最高に酷い記事だった(最上級の褒め言葉)
>霞さんはお仕置きキャラとか言ってるやつこの記事を見ろ、考えが改まるぞ!
>末原ちゃんとお風呂入ってるとアレしたいですよね、手で水鉄砲作ってぴゅっぴゅするやつ。掛け合いっこしているうちに違うものぴゅっぴゅしてそうですけどね。
>末原ちゃんのお顔にかけたい(お湯をだからね)
>末原ちゃんから顔にかけられたい(だからお湯をね)

 ありがとうございます。どんな形であれ、過去最高っていい言葉ですよね!
 なるべく、この過去最高というのを更新しつづけられるように頑張っていきたいと思いますが、今日の記事とかはいかがだったでしょう? 僕としては、かなり酷い内容だったと思っていますが!

 なお、霞さんお仕置きキャラ認定の風評被害を払拭すると誓い合って幾星霜、ついにこの日がやってまいりました。実際のところ、11巻巻末の例のポーズ以来、霞さんの可愛さ加減に関しては僕等が言葉を尽くさずとも世の皆さんには重々承知いただけていることだとは思いますが、前回ああやって記事に取り上げることができたことは霞さん推しブログを僭称するにあたり、一つのケジメとなったのではないかと思います。……ホントか?
 いや、本当だと信じて突き進んでいきましょう。どうせ、このブログでできることに変わりなんてないんだから(開き直り)

 しかし、若竹さんに限らず、皆さん、女子高生と一緒にお風呂に入ってぴゅっぴゅすることに興味津々なご様子。いや、僕もしたいけどもさ!
 でも、恭子ちゃんは、そういう悪ノリに付き合ってくれるんでしょうかねぇ。最初は、「やれやれ」と言いたげな雰囲気で付き合ってくれるも、そのうちムキになってきたりするかもしれません。
 できれば、本編では参謀役として冷静に場を見るようにしたり、あるいは実戦では周りの能力者たちにカタカタさせられたりすることの多かった恭子ちゃんのはしゃいでいる姿とか見てみたいものですね。
 間違ってもいつかのようにオヤジギャクをやらかしてドン引きさせないようにだけ注意をしつつ、彼女に笑顔を取り戻してあげてください。
 ……ぴゅっぴゅして。(これはダメだ)
 あの……ホント捕まらないように注意してくださいね。僕にだけは言われたくないと思いますが。


>美穂子さん入浴シーンの人さん
>前回の池キャプ妄想コメが長すぎて恐縮でしたが、
>にゅーさんの記事は色々な意味で比較にならないレベルで安心しましたw
>特にナニをする(意味深)でもなく、霞さんと一緒にどこまでもまったりしたい。
>疲れが溜まるとそう思えてくるお気持ちはよく分かります。
>>華菜ちゃんはバレた時の言い訳を考えておいてください。
>これは「続きはよ」と宿題出されたものと解釈すべきでしょうか・・・?
>B地区オンリーとはいえ“真っ最中”まで書くのはマズいと思って寸止めしたのに、
>返信でしっかり暴かれちゃってますしw
>(なお、この変態は美穂子さんのイタズラされる姿を3回ほどオカズにした模様)
>華菜ちゃんは仰るとおり、自分よりキャプテンの幸せを優先する献身的な子ですよね。
>そういう意味では百合というよりまっとうな先輩後輩の関係に近く、
>「団体戦における風越の敗因はiPSパワー不足」と言われるのも無理はありません。
>ただ、前回コメのとおり弱々しく泣いている美穂子さんに劣情(?)を催したり、
>膝枕された時にスカートの中に手を突っ込んじゃったりするのを鑑みるに、
>心の底ではキャプテンとそういう関係になりたいと願っているのかもしれません。
>ゆえに、あんなチャンスが来れば・・・
>あと、咲ポのチャレンジ9クリアおめでとうございます!
>苦労の末にご褒美絵見られた時の気分はいかがでしたか?w
>残りのチャレンジは一ちゃんとマホちゃん以外サクっとクリアできるので、
>とりあえずご褒美絵+衣装セット(水着で対局可能に!)をゲットするのがお勧めですw

 何がどう比較にならないのかは大変気になるところではありますが、聞くとそれはそれでショックを受けそうなので止めておきます。でも、そういいながら、今日もダメな記事を生み出してしまいました。今後共、この方向で頑張って行きたいと思います(キリッ)。

 さて、華菜ちゃんの言い訳についてですが、ウチのブログに書いてあることはご覧のとおり、結構いい加減なので宿題とか気になさる必要は全くないですよ。
 ただ、皆さんが書き込みたい内容については、常識の範囲内ではどんなものでも受け付けるつもりではあります。思いついたネタはドシドシ遠慮無く書き込んでやって下さい。(なお、「授乳手コキ」は常識の範囲内な模様)

 華菜ちゃんの美穂子さんへ向けた態度というのは、他校ではあまり見かけないですよね。団体戦では結構、学年が入り交じっているのが当たり前ですけど、ああいう関係は風越だけのような気がします。先輩後輩で仲がいいといえばかじゅももや哩姫なんかもそうですけど、まぁ、ここらへんは百合百合しい世界に突入してますからねぇ。
 後は、どうしても実力がモノを言う世界なため、先輩後輩という関係になりにくいのでしょうね。
 華菜ちゃんには、是非今の理想の先輩後輩関係を維持していただきたいですね。

 ……でもまあ、触るよなぁ……。(やっぱり、台無し)
 いや、でもこれはアレですよ。割合、チンチクリンな華菜ちゃんとしては、女性としての魅力も溢れる美穂子さんに対しての憧れがどうしても先立ってしまって、ついつい「どうやったらこんな風に成長できるんだろう」みたいな思いから気がついたら触っちゃってたみたいな感じで……うん、自分でもかなり適当なこと言ってるなぁってわかります(おい)。
 やっぱり、華菜ちゃんには美穂子さんのおっぱいモミモミしてた言い訳考えてもらっておいたほうが良い気がしてきましたね。今、痴漢冤罪で取り調べを受けている俺氏のためにも正確な供述をお願いしたいところです。


 さて、ところで話題の咲ポですが、全然進んでません……。
 今日とか暇があったからやれば良かったんですけど、何気に買うだけ買って進んでないゲームが他にも2つぐらいあってどうしたものかと頭を悩ませています。まずは簡単なところから、ということでサクッとクリアできるチャレンジあがりから頑張ってみようかと思います。また詰まったら、泣き言書くかもしれませんが、そのときはまたアドバイスいただけたらと思います。


 >姉帯さんといちゃいちゃする仕事に就きたい。週休0日でいいからさん
>霞さんのひざからどいた姫様は責任を持って僕が膝枕しときます
>純真な寝顔をなめなm・・・・・もといなでなでしてあげたいです
>お嫁さんならすばら先輩とかすばらだと思います
>彼女の鉄の心と一緒ならどれだけの無理難題であろうとくじけずに頑張れそうですね。ふとももなめなめしたいです
>あ、姉帯さんは僕のものなので誰にも渡しません

 霞さんの膝枕を得るならば、小蒔ちゃんをそちらに引き渡すのも致し方ないことだと思います。なんでも人間欲張り過ぎるのは良くないですからね。
 でも、考えてみれば、そもそも自分が膝枕をする側に回るというのは、考えていなかったですね。霞さんだってアレコレとお疲れのこともあるでしょうし(主に俺氏の相手)、時にはゆっくりと休んでいただきたいものです。
 でもまぁ、男の固い足なんかで膝枕するよりは普通の枕のほうが良いですよねー(残当)。その辺をカバーするのが、それまでに培ってきた信頼関係とかなんでしょうか。膝枕をしてあげることで、笑顔の霞さんに「ここが一番落ち着くわ」とか言われてみたいものです。

 そして、煌ちゃんの嫁さん力が高いのは確かに頷けます。逆境に強そうというのもそうですけど、やっぱり、彼女の明るさは、日々の生活に潤いを与えてくれるんじゃないかと思います。
 ただ、さすがの煌ちゃんでもテルーレベルの大災害がやってきたときは、思わず机に突っ伏すぐらいショックを受けることがあるやもしれません。そんなときは、彼女に笑顔を取り戻す役目、引き受けたいものですね。
 方法は……えっと……ぴゅっぴゅして?(台無し)
 なお、煌ちゃんはどうやら一人でも立ち直れる模様。(後半戦始まるとき、いつの間にか立ち直ってたしなぁ)

 姉帯さんは姉帯さんのものだと思うので姉帯さんの許可を得てから自由になさってください。
 まぁ、霞さん相手にあれやこれやと好き勝手している僕が言っても全く説得力がありませんけども!

  ●

 コメント返信は以上になります。
 みなさん、毎度コメントありがとうございます。
 今週はキャラが大人の部に移行し、またしてもコメントしづらい風潮を生み出してしまっていますが、なんでも構いませんのでお時間が許せばよろしくお願いします。