こんばんは、極めない日々です。

 先日は、大変アレなタイトルの記事を載せたにも関わらず、書き込み頂いた方、訪問いただいた方には感謝の言葉もないです。

 当たり前な話ですが、単純な「コメント返信」というタイトルにすると、コメントしてくださった方以外の興味を引くことができません。ですが、なるべく、コメントくださった方以外にも楽しめるような記事(変態だけど)を書いているつもりなので、なんとか人目を引くことはできないかなーと思って、変なタイトルをつけてみるとどうだろう、という試みでやってみました。
 結果、単純にコメント返信、とタイトルするより、若干だけ人が増えたように思います。みんな、お○っこに大好きなのかな!? そんな皆さんに支えられて当ブログはこれからもおんなじ感じで頑張っていきます。

 まぁ、もっと他に良いタイトルがあったような気はしています……ていうか、間違いなくあったでしょう。が、幽霊の仕業で気付いたら書いちゃってるんだから仕方ないですね、うん。


 では、今日はコメント返信から。
 
>やえさんと肝試しに行きたいさん
>酷さは隠せてません!(ド直球)
>ちょっと悲鳴を上げる小走先輩、涙目になって絶対可愛いですわー!
>(小走先輩は今回の幽霊にのまれなかった・・・ふう・・・)
>姫松、千里山は愛宕繋がりで親交はあると思いますけど、洋榎ちゃんは恥ずかしくて会いたがらなそう・・・
>竜華は唯一怖がりそう、というか怜とフナQがよくからかいそうですよね。
>末原さんカタカタだったじゃないですかー!もし3位以下だったら・・・

 酷いブログとわかっているのに午前4時にやってきてコメントしてくださるアナタに大感謝です。
 これからも、色々とへんた……大変ですが、ブログ更新頑張ります!><

 さて、イメージアップも完了した(そうか?)ところで本題に入りますか。

 小走先輩はいつもどこまでいじっていいのか悩みます。こんな熱心なファンが書き込みしてくださるようなキャラにおいそれとお○っこさせていいものかどうか……?
 ただ、一つ言っておくならば、こちらはいつでも準備完了ということです! あっ、いや……幽霊がね? そう言ってましたよーってことです。

 後、まぁ、学校まで来てオカンに会うとか洋榎ちゃんじゃなくても嫌だと思います。ウチの実家のオカンもそうだったんですけど、なんかオカンって我が子の友達と会うと妙にテンション上がりません?
 そして、その妙なテンションでいらんことまで口走ってくれそうで戦々恐々ですよ。

雅枝「ホンマウチの子は、家帰っても遊んでばっかでなー。恭子ちゃんからも勉強するよう言うたってー」
洋榎「エエからもう、向こう行けーって! なんで話入ってくんねん!」
雅枝「なんやいな、ちょっとぐらいエエがな……。あっ、そうやそうや。この娘、こないだ、部屋でなんか大きな音したとおもたら、パンツ履きよる途中で転んどったんやで。なんか丸見えになっとったわ」ケラケラ
洋榎「こないだってもうだいぶ前の話やんけ、ホンマにもう勘弁してくれー!!」
千里山の人々(監督も”若干うざい感じの”普通のオカンやねんなぁ……)

 なお、恭子ちゃんはカタカタしてただけだからセーフです。やらかしてたにしてもほんの数滴ですよ!
 ……あっ、恭子ちゃんの熱心なファンもいたんだ……えーっと、汗の間違いでした。全然こぼしてないです!(必死)


>極めない名無しさん
>怜「膝枕でおもらし?ご褒美やろ!」

 それをご褒美っていうのはちょっとレベル高いですよ?
 膝枕の最中ということは、生々しい感触がモロに側頭部にかかってくるわけですからね。これを楽しむには、宥姉もビックリなあったかいの大好き特性が必要だと思います。
 一方で、竜華ちゃん的には大好きな女の子にぶっかけてしまう背徳感+なわけですから、これはもう何かに目覚めないほうがおかしいですね。

宥「玄ちゃん、あれ、あったかそう~」ポワーン
玄「お姉ちゃん、あれは違うから!! 絶対に違うから!(必死)」
竜華(み、見られてる!!)ビビクンッ

 まさか、羞恥方面に目覚めるとはさすがに僕も予想外ですね!?
 一体竜華ちゃんはどこを目指しているんでしょうか?(このブログもな)

 ……そして、今、僕は竜華ちゃんファンに申し訳ない気持ちでいっぱいです。


>類は友を呼ぶさん
>おいおい、管理人さん。
>性癖とか色々ダダ漏れやでw(意味深
>ちょっと、おトイレ行ってくる(コレは深い意味は無い

  「別に性癖の一つや二つぐらい晒したるわーい!」のココロで頑張っています。
 まあ、ここでやらかしたところで実生活には影響ないですからね。もし、ここのブログのせいで会社で上司に「君、女子高生のおしっこ好きなんやってな?」って言われる可能性があるなら即座に閉鎖しますけど。
 いや、なぜか上司も興味津々のご様子……これはいけるかっ!?(どこにやねん)

 でも、しつこいようですが、あの現象は幽霊の仕業なんです! 最近の幽霊はブログにも対応してるだなんて、僕も驚きです。僕はもうアレですから。そんなん全然興味ないですから! ちょっとしか見たくないから!

 コメント返信は以上です。コメントありがとうございました。


 さて、今日はなんだかコメント返信だけで疲れてしまいましたが、本題に参りましょう。
 僕がおしっことかちっとも興味が無いことを示すために流れをぶった斬ります。純君にポンとかチーしてもらいましょう。
 あ、ところで、「ポン」「チー」って10回ずつ言ってみてください。イヤラシイ気分になった人は僕と友達になれそうです。 たまに言い間違えるのがポイントですよ!?

 さあ、投げっぱなしで行きます!!
 
 以前、当ブログにてお父さんの靴下についての記事(語弊)を書きました。
 あの時は、あくまで対お父さんで、しかも洗濯物に対するキャラの反応だけを考えてました。
 しかし、今日の洋榎ちゃんネタを書いてて、お母さんとの関係も面白いなと、と思いました。そこで話を広げて、家族と仲良さそうなキャラが今日のテーマです。ついでに、ご両親がどんな人かというのも考えてみても面白いかもしれませんね。


1.片岡優希
 ようやく清澄勢最後の一人がやってきました。普通に好きなほうのキャラですけど、なんか縁がなかった。
 あの屈託のない性格は明るい賑やかな過程で成長したんだろうなーと思います。お母さんもそうですが、お父さんとも普通に仲は良さそう。
 しかし、お母さんもくぎゅ声なんですかね? そして、「~だじぇ」とか言ってるんでしょうか? いい歳をして! そうじゃないと、なかなかあの言語感覚もなかなか得られるものじゃありません。

母「優希~、早くおきないと遅刻だじょー」
優希「まだ眠いじぇー……」
母「またアンタは布団グチャグチャにして。これじゃ、嫁の貰い手もないじぇ」
優希「うむ、案ずるな、母上よ。丁度良い犬を手懐けてるところだじょ」
母「それは初耳だじぇ! 今度ウチに連れてくるがよい!」
優希「近いうちにな!」

 ……なんか目眩いがしてきた。
 まあ、優希ちゃんを見る限り大丈夫だとは思いますが、これはお母さんはかなり若作りな人でもないと恐ろしいことになります。はやりんやちゃちゃのんは、痛いのを一周して気持ちよくなってるパターンですが、これは下手をするとそこからさらに一周させてとっても痛くなってるパターンですよ。

 お父さんは、この人と結婚して優希ちゃんを産ませたのかぁ……最早、犯罪と言うしなねぇなぁ……。
 でもまあ、半裸ぐらい常識なのがNAGANOスタイルですから、それぐらいは許されるのかもしれませんね。 

母「うぅ……明かりを消して欲しいじょ。恥ずかしいじぇ」

 ……いや、俺が恥ずかしいわ! ホント生きててすいません!


2.夢乃マホ
 さあ、みなさん、お待ちかね。ついに女子中学生に手を出す日が来ましたよ!
 それにしても、あんな真面目で良い子なんてどうやったら育つんでしょうね? 将来役に立たない可能性がありますが、念の為に聞いておきたいところです。

 ご両親はともにマホちゃんが学校であった話を一生懸命話してくれるのをニコニコしながら聞いてるイメージですね。うーん、絵に描いたような幸せ家族だよなぁ。なお、ご両親ともに小柄で40代になっても可愛らしいという表現が似合いそうな夫婦じゃないかと思います。
 マホちゃんとしては、そんな一家団欒を壊さないためにも、咲さんの真似はほどほどにしといたほうが良いと思いますよ!?


3.大星淡
 前に何かで書きましたけど、あの奔放な性格はいずれにせよ、相当両親に大事に育てられてますよ。
 白糸台という場所において、「才能さえあれば」という面がないとは言いませんが、それでも先輩相手にあの態度で許されるのはそれだけではないものがあると思いますね。
 なんていうか小憎たらしいけど、可愛いんですよね。単純に慢心した性格悪い奴とは一線を画するものがあります。淡ちゃんは、歳上に可愛がられるの上手なんだと思います。

 なので、きっとお母さんやお父さんにも上手に甘えて、休みの日は一緒に買物行ったりとかしてんじゃないかなーと妄想するわけですよ。そんで、普通にその最中に白糸台メンバーと会っても「パパとママだよー」って紹介しそう。
 後、テーマ関係ないけど、近所のおじちゃんおばちゃんとかにも可愛がられてそうな気がします。麻雀で同卓につくことがあれば見方は変わるでしょうけど、そうじゃなきゃ「なんか得意げになっちゃって可愛いもんだ」と思われてそうですよね。


番外編.小鍛治健夜
 うん、まあ、お母さんと仲悪くはないと思いますよ。ちょっと嫌味や小言はあっても、一緒に住んでるんだし仲が悪いってことはないでしょう。ただ、そろそろ休みの日だからっていつまでも寝てるのは辞めたほうがいいとは思いますけど……。
 しかし、お父さんはどう思ってるんでしょうね、いい歳した娘があんな状態な件について。「お前の躾が悪いから」「アナタが麻雀なんか教えるから」と、これが小鍛治家の熟年離婚のキッカケにならないことを願うばかりです。 

 ……なぜだ、家族と仲が良いってテーマだったはずじゃないのか……!?


 消化不良気味な面もありますが、今回は以上です。というか、今回も書こうと思えばいくらでも書けるネタでしたね。皆さんのご意見を聞かせていただけるとありがたいです。