こんばんは、極めない日々です。

 今日は、ネタを考えて書いていたんですが、思ったよりペンが走らず、書き上げられそうになかったので、とりあえずコメント返信だけします。申し訳ありません。

 まずは、方言で喋る女の子は可愛いらしい……?へ頂いたコメントへの返信です。

>若竹ですよーさん
>つまりはっちゃんは鳥取出身…?
 
 はっ、すぐに千代水に行かなきゃ! このへんにロリ痴女はいませんか!?
 でも、千代水には鳥取警察署があるから挙動不審な真似をしてたらしょっ引かれちゃうので要注意だぞ☆

 ちなみに、鳥取弁で語尾が伸びるのは「●●だけー」という言い回しです。これは単に語尾で、限定する意味ではないです。つまり、「ちょっとだけよ」というのを鳥取弁にすると、「ちょっとだけだけー」となります。
 一体なんのブログだよ、と自分でツッコミ。


>小走先輩は奈良の歴史ある気高いお言葉使い可愛いさん
>永水メンバーは巫女の修行の一環として、幼いころからしっかり標準語、敬語を教え込まれている感じがしますね。
>実際、はるる以外は敬語メイン、霞さんも上品な言葉遣いですし。鹿児島といっても世間からは離れた場所っぽいですし。
>個人的に宮守は方言じゃないとおかしい、くらいに思ってるんですが、そこはおいといて、姉帯さんのあのしゃべり方、(ちょーうれしーよー)は、テレビをずっと見ていたんだろうな、というのが伝わりますよね。都会の感じに憧れてる感じがします。

 永水メンバーは確かに教育行き届いてそうですよね。はっちゃんのあの無理やりな丁寧語なんかは特に頑張って教えこまれたんだろうなーって気がします。それよりも先に巫女服の着付けを教えるべきだったのでは?、という気はしますが……でもアレは、永水的にOKなんでしょうか? であれば、次は霞さんや小蒔ちゃんも半裸で出てきて欲しいものです。

 ところで僕が以前に東北の方と話す機会があったときは(10年ぐらい前ですが)、相手が若い人だったせいもあってか、次の方もおっしゃるように独特のイントネーションはありましたが、意味が通じないレベルのことはなかったですねぇ。正直に言うと、鳥取に来たばかりの頃のほうがよほど意味がわからないことが多かったです……。
 でもアニメ化されたときに訛りだけでもやってくれませんかね。可愛いと思うんだけどなぁ。
 豊音ちゃんの喋り方は頑張って都会っぽくしようとしてる可愛いですね。あんなデカイのに……。


>極めない名無しさん
>宮守あたりの若い人はイントネーションには訛りが混じるけど
>言葉自体はほぼ標準語なんだよなあ。「飴っこあげるね」みたいに
>言葉の後ろに「ッコ」つけたりとかは若い人でもやってましたが
>永水の「おやっとさー」の様に一言くらいは宮守にも方言あっても良かったですね 

 「飴っこ」って可愛いですね。鳥取弁にはそういう可愛いのないなぁ……。なぜか全体的におじさん、おばさんくさくなってしまいます。
 「おやっとさー」って調べると、「お疲れ様」というような意味なんですね。その意味を調べたページを見てると、永水がホントに鹿児島弁使ってたら、とても漫画読むどころじゃなくなってしまいそうなので、そういうちょっとした一言で我慢するのが良いところなんでしょうね。
 ちなみに、昨日の課題を頑張って自分で鹿児島弁に直そうと思いましたが、なんだか霞さんが男らしくなりそうだったのでヤメました。


 引き続き、メンバー以外の人からも好かれていそうなキャラへ頂いたコメントへの返信です。 

>極めない名無しさん
>鶴賀学園麻雀部創設秘話は良かったね
>ワハハの良い人っぷりが光ってた

 智美ちゃんは好きなキャラなんで、SSでも頑張って欲しいんですけど、大体のSSでは、高確率でころたんと不幸な目に遭うのであれは特に良かったと感じました。
 ゆみちんと智美ちゃんは、互いに「普通にクラスメートだっただけならコイツとは仲良くならないよな」っていう相手同士ですよね。そういう二人が同じ麻雀部を引っ張る存在となるべく、学祭を経て成長していっているのが見てて面白かったですね。ああいう作品がまた見たいものです。


 今日は以上です。また明日……もちょっと怪しいですが、頑張ります。