こんばんは、極めない日々です。
 今日も最初にコメント返信をさせてください。

>眼鏡かけた小走先輩に見つめられ続けたいさん
>小走先輩も授業中だけは眼鏡かけてそう、優等生のやえさんにノート借りたい
>こう考えると、宥姉は試合中コンタクトなんでしょうかね?軽い近視で裸眼でいける感じかなあ、とも思いましたが、癖を見抜く必要ありますものねえ。

 王者の眼差しに眼鏡の怜悧な輝きが付与された! これはもう降参するよりありません。
 しかし、小走先輩はノートもキレイにとってるんでしょうね。隅っこにオリキャラの可愛い落書きとかしてたら大変萌える所存です。

 宥姉はてっきり寒さ対策の一環として眼鏡をしてるのかと思ったら、試合の様子をテレビで見るときにも眼鏡してますよね。てことは普通に目が悪い可能性があります。そして、あの細かい癖を見抜くには結構集中してないといけないでしょうが、見逃すまいと凝視するとさすがにどこを見てるのかバレてしまうでしょう。やっぱ、コンタクトでもしてないとさすがにキツイのではないかと思われます。というわけで、眼鏡かつ、コンタクトキャラというのが有力なんではないでしょうか。


>極めない名無しさん
>これは文学少女たる咲さんでしょ
>と思ったけどイメージ的にはコンタクトよりもメガネかけそうな気がするんだよなぁ

 そうなんですよね。文学少女枠で、咲さんとか照さんとかも候補に考えたんですけど、コンタクトよりは素直に眼鏡にするかなーって思って外してしまいました。
 眼鏡だったら、いざとなったらまこ先輩に予備を借りることができるから安心ですね。原村さんも「ありですね」って納得してくれます。


>極めない名無しさん
>のよりん・・・「コンタクトで目が乾く!」プンスカ
 普段は眼鏡だけど、TV撮影のある試合のときや、解説のお仕事のときはカメラ映りを考慮してコンタクト装着。でも、つけ慣れないコンタクトだから、なんだか違和感があるし余計に緊張してまた言葉が出てこなくなっちゃう!
 とかなってるんだったら可愛すぎですね。のよりん採用です。(何に?)

>白水哩・・・メガネをつけて姫子と知的リザベーション(説明放棄)
 副将戦で哩がかけていた眼鏡を引き継いで姫子が大将戦に臨む痴的リザベーション。(誤読)
姫子「ああっ、この眼鏡に部長の想いと汗と、その他なんか色々なエキスが!」ビビクンッ
姫子「こん積み重ねがお前一人の中にあっか」ハァハァ
淡「あ、ないです」(素)

>上重漫・・・末原「こないだ試合で大爆発したのちにかけてたメガネ粉砕したんですよ」赤坂「えーあぶなー(ヘラヘラ)」
 間違いなく言えるのは、その眼鏡が赤坂印のものであることですね。
 ちなみに、割れた眼鏡で亀甲占いよろしく占ってみたところ、大凶と出たらしいですよ。実際、漫ちゃんは入院中です。恐ろしいですね。(占い結果の後出しジャンケン)

>佐々野いちご・・・そりゃまーはやりんと同ポジを目指す彼女ですから。ええ。
 ちゃちゃのんは、アイドルじゃけー、眼鏡姿も普通にかわええじゃろー。
 しかし、なんかはやりんと同ポジションを目指すっていうのがものすっごいちゃちゃのんにとってマイナスに聞こえてしまったんですけど、なぜですかね? いや、ホントにはやりんは好きなんですが……。あれ?

 コメント頂きました皆さん、ありがとうございます。

  ●

 で、ですね。これらのコメントを見て下さい。僕は感動しました。
 てっきり先日の記事を受け、一人ぐらいは飲尿ネタを引っ張ってくるんじゃないかなー、とか戦々恐々だったのですが、 誰もそんなこと微塵にも出さない。そんな皆さんのジェントルっぷりに感動です。
 ちなみに、僕が逆の立場だったら、「書いてもエエんやで?」ってコメントしたこと間違いなしです。今後は僕も気をつけたいと思います!

 ……あー、日和っといて良かった。

  ●

 では、今日のお題です。
 合宿ネタを書いているときにふと思ったんですけど、清澄とか、宮守などのように特殊な例はさておき、全国大会に出てくるような学校って大体がいわゆる名門校なんだと思います。てことは、当然ながら、スポットのあたる団体戦メンバー5人以外にも部員が存在するわけですし、もっといえば清澄や宮守にだって麻雀部以外でクラスメートとかがいるわけです。
 普段、作中で描かれるのは、団体メンバー同士がキャッキャウフフしている姿なわけですけど、そんな彼女らはメンバー以外の部員にとって、あるいはクラスメートたちにとって、一体どんなそんざいなんでしょうか?
 というわけで今日のお題は、「メンバー以外の人からも好かれていそうなキャラ」を考えて行きたいと思います。なお、ここで好かれる対象となるのは、学校関係者のみとは限りません。


1.染谷まこ
 癖のある喋り方に、癖のある髪型、そして癖のない闘牌描写(後味スッキリ、出番さっぱり)。
 そんな彼女ではありますが、普通に良い人ですよね!? 後輩である優希や京太郎はおろか、歳上で部長である久さんへの心配やフォローを行う姿は、作中に何度も描かれています。そんな彼女をみんなが心理的に頼りにしているのは言うまでもないでしょう。
 そして、ぶっちゃけてしまうと、そんな目立ったルックスでないのが逆に良いと思います。のどっちほど目立ってしまう(実績だけでなく、おもち的にも)と、どうしても人気だけでなくヤッカミを集めてしまうものですが、まこ先輩にはそういうのはないんじゃないかと思います。
 ついでにいえば、Roof-topの看板娘として、近所のおっちゃんたちからも大人気間違いなし(確信)。ご覧いただいている方でまだ高校生などのお若い方にはわからないかもしれませんが、お店に行ったらメイドJKがプレイしてくれる(←麻雀のことです)なんて、それだけでとんでもない価値があります。まず間違いなく僕は常連になってしまうでしょうねぇ。

俺「なあ、まこちゃーん、こないだのおっぱいちゃん、また来ないのー?」
まこ「アホなこといいよらんと、わしで我慢せい」

 そして、こんな会話したいもんです。もちろん、目当てはまこちゃんですけどね。


2.蒲原智美
 このへんは予想通り、という方も多くいるのでは?
 どう見てもかじゅが部長っぽい敦賀学園麻雀部ですが、実は智美ちゃんが部長をしているというところからも、普通に彼女が人として魅力ある存在なんだろうなということが伺えます。もしかしたら、”ゆみ「鶴賀学園麻雀部」智美「創設秘話」”というSSの影響が大いにあるかもしれませんけど、人の間に立って取りなしたり、人の心の内をさり気なく察してフォローしたりというのも得意そうに思います。なので、麻雀部以外の活動、文化祭や体育祭などでも(本人が活躍かどうかはさておき)取りまとめ役などとしてみんなに頼りにされてるんじゃないかなーと思います。
 部活メンバーも彼女の運転でのドライブに対してなんだかんだで付き合ってあげる(咲日和)あたりも、彼女の人としての慕われぶりが分かります。(周りの人の良さもあるとは思いますが)ただ、部活メンバー以外であのデスドライブをやっちゃうと、さすがに友達減っちゃうかもしれませんが。


3.松実宥
 正直なところ、日頃は変な意味で注目を集めている彼女ですけど、人当たりは良いし普通に人気者なんじゃないかと思います。全国大会行きを決めた時にもみんなに揉みくちゃにされて部室になかなか顔を出せなかったぐらいですから、色んな人に愛されてることが伺えますね。多分、クラスでは、席替えのときとか日当たりの良い場所に優先的に座れるようにみんなが配慮してくれたりしてるんじゃないでしょうか。
 ていうかね、昔の思い出の宥ちゃんをいじめてた奴ら、アレなんか、宥ちゃんのこと大好きですよ。子供的愛情表現というやつです。奴らの興味対象は、なんで冬でもないのにマフラーしてるのか、ではなく間違いなく宥ちゃんの女体の神秘です。じゃなきゃ、「なんでマフラーしてんの?」→「剥いて確かめようぜ」っていう3段ぐらいすっとばした論理展開なんかしませんよ!?
 剥いたからって何が確かめられるんだよ! おもちのサイズとかぐらいじゃねぇか!(憤慨) これは難癖つけて最初っから宥ちゃんを剥きたかっただけというのは明白です。
 ただし、本人からすればたまったもんじゃありませんが、これも愛情の一種なんですよねぇ。僕も剥けるもんなら剥きたいですよ。宥ちゃんが可愛すぎるのがいけないんだ……。


4.愛宕洋榎
 はい、これは僕の希望です。
 でも、洋榎ちゃんは、普通に人気者だと思います。名門校で主将を務める実力と、思わずテレビの入ってたダンボールに入ってみるお茶目さとを兼ね備え、その上、マジ顔のかっこ良さと、「どやった!?」の可愛さの対比、これはもう人気が出ないわけない。ほっといたら常時喋り続けるあたりなんかは、胡桃ちゃんみたいな相手には嫌われてしまうかもしれませんが、そこは大阪ですからボケやツッコミは日常会話の一部として、無意識に出てきてしまうのは仕方ありません。
 それに、忘れがちですが、彼女には抽選会のとき、番号を引いた後キチンとお辞儀をする礼儀正しさもあります。近所まわりでは、「愛宕さんとこの子は元気で礼儀正しいし、ホンマにええ子やわー」 って言われてますよ。うん、俺も挨拶して欲しい。

洋榎「おはよーさん、しょぼくれた顔しとらんと、シャキッと会社行ってきーや」

 あー……エエなぁ……。なんか最早、嫁妄想の域ですね。


5.小瀬川白望
モブ「 小瀬川さーん、食堂行かない?」
シロ「ダルいから、また誘って」
モブ「今日もダメか、残念!」

 ……どんだけ好かれてんだよ!(驚愕)
 お誘いの言葉を「ダルい」で一蹴しておきながら、相手に反感の感情はゼロ。しかも、「今日も」という言い回しからして、このモブ子ちゃんは、何回もシロを誘ってるのに何回も「ダルい」で断られてるんですよ? でも、彼女は間違いなく翌日も誘ってくれるでしょうし、翌日も断られてるでしょう。
 しかし、エイスリンちゃんや豊音ちゃんにやっていたようなカッコイイセリフとか、塞さんに見せたさりげない気遣い、胡桃ちゃん相手の充電を、あのモブ子ちゃんにもやっていたとしたら、それも致し方無い話です。これが一級フラグ建築士というやつなんですかね、恐ろしい手腕です……。 


番外編 すこやん
 地元の人や、子どもたちには大人気!
 ……他は!?(なお、俺氏には大人気な模様)

 冗談はさておき、潰れそうな地元リーグで活動してメジャーなタイトルには出てないんでしょうが、むっきーとかすこやん大好きぽいですよね。やっぱ、キチンと実績を積んでいるだけのことはあるようです。
 それに、全国大会で解説したり、ラジオにも出たり、麻雀そのもの以外での活躍の場も多いでしょうし、やっぱり地元だけじゃなくて全国的にも人気はあると思います。プロ麻雀せんべいカードでのナンバリングが1っていうのも人気を表している気がしますね。

  ●

 さて、今回は以上です。僕の書き方から予想できた方もいるでしょうが、正直、まこ先輩のためのテーマでした
 とっても良い人なのに、扱いが不遇なばかりに彼女がとても不憫に思えて応援したくなるんです。

 なお、ここに挙げたのは僕が思いついたというだけで、名前がない人でも大人気キャラはいると思います。ていうか、僕も書きながら「この娘もそうだよなぁ」って思うキャラいました。ただ、今回はただでさえ長いので、特に書きたいキャラをピックアップさせていただきました。皆さんに思いの丈があるならばコメントに記載いただければ嬉しいです。

 長々とありがとうございました。