ブログに初コメントを頂きました。ありがとうございます。
 嬉しさのあまり、調子にのってそのコメントだけをネタに記事を一本書きます。
 (と言いながら 、書き上がりを読み返すと全く脱線している。ご容赦を)


>雅枝さんいいよね・・・(いい・・・)
>ロリババアとは路線が違いますが若く見える年上ってステキやん妄想駆け巡っちゃうやん
>あ、はやりんはちょっと・・・

 雅枝さんの良さはやっぱり、わかる人にはわかるんですね、良かった(歓喜)
 僕は元々、ストライクゾーンが広めの人間ではありましたが、最近特に年上の許容範囲が広がったように思いますので、一般にはどの程度受け入れられるか心配でした。

 ところで、愛宕家の父親はどんな人物なんでしょう? どうやったらあの魅惑ボディを手に入れることができたんでしょうね? 旦那の前だけはあのキリリをした眉を下げて甘い表情を作ったりするんでしょうか!? それは実にタマランですな!? そして、洋榎ちゃんが産まれた年には、「なぁ、アンタ。ウチ、もう一人欲しいねん」とか言われて迫られたんだとか考えると、もうアレですよ……言葉にならん!
 そして、忘れちゃいけないのは、この人物、それだけでは飽きたらず、永遠の恋人とも言える娘が洋榎ちゃん絹ちゃんなのですよ? もう羨ましいったらありゃしない!!
 
 年頃になった娘二人から意味もなく煙たがられ、母子三人で麻雀談義で盛り上がってるところ、ぽつーんと一人手酌でビールとか飲んでればいいのに! このやろう、このやろうめ!

 そして、二十歳を超えて父親との意味のない確執がなくなってきた娘たちから、
洋榎「おとん、今までありがとな」
絹恵「これ、お姉ちゃんと二人で買うた誕生日プレゼントやで」
親父「お……おう、なんや、無理してこんなん用意せんでも良かったのに」
洋榎「無理ちゃうわ。ちゃんと二人で貯金してん」
絹恵「目標決めてな、毎月決まった金額貯めてきたんや」
親父「お前ら……こんな立派なもん、俺には勿体無いわ。でも、ありがとうな」
 とかなって、男泣きに咽べばいいのに!
 
 あー……なんか涙出てきた……。

   ●

 さて、落ち着いたところで。
 ロリババアといえばはやりん、はやりんといえばロリババア。
 しかして、実態はアラフォー雅枝さんをも許容するコメント主さんからも敬遠されるアラサー☆現役アイドル

 まぁ……正直に言ってしまえば、あの貼りつけたような笑顔が問題ですよ。
 こいつ、裏では色々考えてんだろうなーって。「なんで子供向け番組の牌のお姉さんコーナーをオッサンが見てんだよ」とか思ってるんだろうなーって。
 
 ま、アイドル(偶像)とはいえ実際、一人の人間ですからね、色々あります。
 
 牌のお姉さんのコーナーで子どもと戯れるとき、マセガキが乳揉んできたらカメラの見てないところで投牌をストライクさせますよ。
 先に引退した元同僚アイドルの結婚式に笑顔で参加しながら、帰り道でベロベロに酔っ払ったりとかしますよ。
 さらには、生意気な後輩アイドルに「瑞原先輩は結婚しないんですかぁ? あ、やっぱり、防御が安定してるから? 私、安っぽい女じゃありませーんって? キャハハ」とか言われて、控え室でその娘の私物隠したりしますよ。
 そしてそして……
 
 実家のカーチャンから電話かかってきて「うん、わかっとる。大丈夫やって、ちゃんとやっとるから安心したらエエから。うん、また近いうちに帰るから……ありがと」とか言ってますよ。

 ……また涙出てきた……。
 
 さて、そんな(妄想ができる)はやりんですが、個人的にはありです! おもちデッカイし!(重要)
 ただ、やっぱり、先に述べたような張り付いた笑顔はいけません。
 咲「絶対に笑ってはいけない全国インターハイ?」というSSであった、「瑞原はやりプロのすっぴん眼鏡」がぐう見たい。そして、「眼鏡も似合ってるよ」とか言いたい! 眼鏡っぱい大好物! 
 ……いや、やっぱり、すっぴんは……眼鏡だけでお願いします。 (テンションだけでは乗り越えられない壁)

 でも、そんなはやりんも素敵だと思います。みんなもレッツはやりん!