愛宕姉妹って実にすばらですよね。
 麻雀強いお姉ちゃんと、お姉ちゃんに憧れて、わざわざ同じ高校を追っかけ受験した妹。
 関西の名門として有名な姫松高校の代表メンバーを姉妹ともに務めており、お姉ちゃんはエースで主将でもある。
 それでいて、家に帰っても並んでテレビを見ながら互いにボケとツッコミで盛り上がる仲良しっぷり。

 でも、正直、最初ってそんなふうには思いませんでしたよね?
 そういう人って多いんじゃないかと思うのですが、僕は、初登場時点で、愛宕姉妹についてそんなに記憶に残ってないです。そもそも初登場時は抽選の時だったからお姉ちゃんしかいませんでしたから当たり前ですね。……おまけにお姉ちゃんの顔もなんか今と違うし。
 ぶっちゃけ、顔の造りからして「ああ、過去の名門とかいって、清澄にボッコボコにされるパターンやな? 了解了解」と思ってました。

 そんな彼女らが次に出てきたのは、ちゃちゃのん事件の際です。嶺上……ならずという出番のない主人公に代わってお姉ちゃんの試合シーンですね。
 全国大会の1回戦は1位じゃないと抜けれない仕組みになっているため、トップ目(ちゃちゃのん)に役満ぶち当てて逆転した洋榎ちゃんの功績はかなりデカイはずなんですが、このとき、姫松メンバーは、割とみんな淡々としてますね。特に、先鋒でくっそリードされる原因を作った漫ちゃん(と取り戻しにさして貢献しなかった次鋒由子ちゃん)に至っては応援どころかテレビで別の試合を見る始末。現実逃避もいいところです。
 さて、そしてお姉ちゃん大好きのはずの絹ちゃんですが、こちらも特に役満あがった感動とかない様子。
 それどころか、足を組んで「おーぅ、おかえりおねーちゃん」ですよ。これは字面だけ見たら、日常的にセクハラとかしているタイプのオッサンの台詞です。(愕然)

 ……あれ、おかしい……こんなの俺の知ってる絹ちゃんじゃない……。
 俺の知ってる絹ちゃんなら、感極まってお姉ちゃんに飛びついて顔中ペロペロしてるはずなのに……。

 残念ながらこの時点では仲良しっぷりはまだ見られないようです。
 (ちなみに絹ちゃんの顔もなんか違うね。おもちも含め、ムチムチ感も足りないし)

(気が向いたら続き。。。)