極めない日々

咲中心の漫画ネタですが、思いつけば特に絞らずに色んなことを書いていきます。 コメントいただければ幸いです。

 こんばんは、極めない日々です。

 唐突ではありますが、皆さんは、どの程度麻雀の知識がお有りなのでしょうか? 僕はとりあえず、ひと通りのルールは知っており、天鳳とかもボチボチ打ったりする程度には知っています。
 咲という作品はご存知のとおり麻雀を題材にしておりますが、正直なところ麻雀を知らなくても十分に楽しむことはできると思います。むしろ場面によっては麻雀知らないほうが幸せに読める時もあると個人的には思っているぐらいです。
 とはいえ、やはり、メインで扱っている題材なわけですからその知識のあるなしでは作品に対する理解度が異なります。キャラたちの闘牌、点数差に対する考え、手作りや和了役への思い入れ、様々な形で自分が感情移入したり、あるいは反発したりすることもあるでしょうが、そういった意味も込みで楽しむことができます。

 そして、何よりも、「咲キャラたちと一緒に麻雀打ちたいよ~」って妄想がより具体的にできますね!

 ここで大事なのは具体的にというところです。麻雀を知らなくても咲キャラたちと並んで座ることはできますが、実際に試合の状況がどうなるのか、というところまではわかりません。これでは、別に麻雀じゃなくっても良くない?っていうことになってしまいますからね。

 さてでは、僕ならば一体どのキャラと卓を囲み、どんな風な試合運びとなるのでしょう。ちょっと考えてみましょう。今回は、当ブログの従来のイメージを払拭し、咲ブログらしく麻雀をテーマに記事を書いていきます。(キリッ

 なお、記事は、僕以外は咲キャラで対戦メンバーを組むということで、基本的に3人一組として候補を挙げていきたいと思います。後、名前の順番は僕から見て上家、対面、下家の順番です。
 では、早速参りましょう。


1.神代小蒔、石戸霞、原村和
 まずは、安定のメンバーと言えるでしょう。「どうせおっぱいで選んだんだろう」ですって?

 ……そうですが、それが何か?(人間のクズ)

 すいません、物を投げないで下さい。でもですね、ちょっと考えてみてくださいよ。この対局が実現した場合、僕からの目線では、この絵面になるわけですからね?

komaki-kasumi-nodoka

 これもうアレですよね、対局中にうっかり間違って違うパイをツモってもなんかウヤムヤでOKになるパターンですよね(なんでだよ)。これはもうメンバーに入って打つしかありません。

 さて、卓を囲むだけで視覚的に嬉しいことは十分に伝わったはずですので、実際に対局が始まったら内容がどうなるか考えてみましょう。対局は僕がすぐに飛ぶ(残当)ことも考慮に入れて半荘5回ぐらいは回したいところですね。

 まずは言うまでもないですが、この対局においては、小蒔ちゃんをいかに眠らせないかが重要になってきます。なので、ここは一つ卓外での心理戦を仕掛けてみましょう。のどっちは神様をおろして麻雀を打つなんてオカルトは絶対認めないでしょうが、霞さんは小蒔ちゃんのことをよく知っているわけですから、協力してもらえるに違いありません。
 小蒔ちゃんが寝そうになる度に(小蒔ちゃんから見て)上家、下家がちょっかいをかけてきて眠らせない。オマケに下家(俺氏)は下家だけあってシモネタ全開で来るわけですからオチオチ寝るわけにはいきません。ただまぁ、眠ったスキにちょっと小蒔っぱいツモったりしたいから少しぐらいなら寝てもらってもいいですよって言おうと思ったけど、さすがにそこまでは霞さんが許してくれない模様。

霞「誰がそこまでしていいって言ったかしら」ゴゴゴ……
俺氏「すいませんでした! ちゃんと麻雀やります!」タン
和「それロンです、12000。飛び終了ですね」
俺氏「あ、はい」

 そんな感じで最初からペースを乱さずに自分の麻雀を打ったのどっちがリードする形で2半荘が終了。
 最初はそこまでガチで勝ちを取りに来ていたわけではない霞さんものどっちの連勝にそろそろ「苦手分野」を行ってみることに。そっから場が大荒れ模様になってきます。

霞「ツモ。メンチン平和イーペーで8000オールお願いしますね」
俺氏「はい……あ、足りません」
霞「あらあら、足りない分は体で払ってもらおうかしら」
俺氏「良いんですか!?」ガタッ
和「ダメに決まってます。次の半荘はじめますよ」
俺氏「はい……」ガタ

 そうして、迎える第4半荘。今度こそと奮起する俺氏の起親。

俺氏(起親は正直苦手意識あるが、なかなか悪くない配牌だぞ)タン
小蒔「ロン、32000」
俺氏「寝てるーー!!」ガビーン
霞「あらあら」
和「どう見ても起きていますよ。変なこと言ってないで最後の半荘を始めましょう」

 こうして、いつの間にか寝ていた小蒔ちゃんの役満によって親の第一打で終わる第4半荘。
 そして迎える最終局。その前に……

俺氏「みんなにお願いがあります」(ゲザー)
和「な、なんですか、いきなり」ビクッ
俺氏「最後の半荘だけ、箱下ありでお願いします! 最後までやらせてください」
霞「ふんふむ。私は構わないけど、みんなはどうかしら?」
和「私も別に構いませんよ」
小蒔「……」(スヤー)

 というわけで、それまでのすべての半荘が俺氏の飛び終了だったため、最後ぐらいは意地でも一矢報いたいという思いから箱下ありルールに変更。
 結果は言うに及ばす……そこには、美少女巨乳女子高生に寄ってたかってむしり取られる俺氏の姿が!
 というわけで、最終的には大会団体戦ルールでも飛ぶぐらいにマイナス食らったらしいです。


2.花田煌、蒲原智美、真瀬由子
 天国と見せかけて実は地獄だった対局を味わった俺氏、心身ともに疲れ果て、フラフラとさまよい歩き、ついに第二の楽園とも言うべき卓を発見するのであった。

 ぐう聖の筆頭たる煌ちゃんと、いつも笑顔の智美ちゃん、そして由子ちゃん。同卓についただけでもう癒されるの間違いなしですよ。もちろん、攻撃的な能力を持っていないにしても、それぞれ全国、あるいは県決勝レベルですから僕なんぞが相手になるものでもないでしょう。

 でもそんなことは全然構わないのです!

 普通に何回か半荘を回して、まぁ、当たり前に僕がラスを引くことになるでしょう。でも、由子ちゃんに「ロン、タンヤオドラ5、ドラたくさんよー」とか名台詞言われてちょっと感動してみたり、智美ちゃんにいつもの笑顔で「気にするなー」とか励まされたり、煌ちゃんにたまの和了を「なかなかすばらですよ」とかほめられたりできればそれだけでもう大満足です。
 その後、まったり会話しながら反省会をして、最後にお礼に皆にご飯でもご馳走して充実の一日が終了。その頃には、最初のズタボロにされたおっぱい勢との対局のことも忘れて、勝てなくっても麻雀って楽しかったな、明日からも頑張ろうって気持ちが湧いてくるはずです。
 後は、女子高生連れてるところを見られて警察に声かけられたりしないことを願うばかりですね!


番外編1.うたちゃん、すこやん、はやりん
 このメンバーでは正直、勝ち負けどころか、まともに麻雀を打とうだなんてことさえも微塵も考えません。怖いもの見たさとか、記念に一半荘とかそういうノリです。ただ、重大なトラウマを負わないよう何があっても半荘1回限りだけでお願いしたいです。
 でも咲の世界で考えればプロと打てるイベントとかめっちゃ人集まるでしょうね。トッププロとやるとなれば、1半荘だけでも参加料とか凄い取られても不思議じゃない。そう考えれば、このメンバーを一度に集めてプロ・プロ・プロ・自分とかの構図にしようものならかなりの金額が必要そうですね。というわけで、さらに、この中で一人に絞るということで考えるとやっぱすこやんでしょうかね。まぁ、僕相手で本気の打牌をしてくれない可能性も大いにありますが、一度、国内無敗の本気というやつを見てみたいものですね。

 ……ふと思ったけど、そういうプロを高校生の練習のためにたくさん集めることができるいくのんって一体何者なんだろう? 意外にプロの対局料が安いのか、いくのんが何やら色んな人の弱みを握っているかのどちらかでしょうね……。


番外編2.沢村智紀、愛宕絹恵、妹尾佳織、渋谷尭深
 ルール無用の4人構成ですが、なぜこういう選択基準は言うまでもありませんね? 僕の大好物であるところの眼鏡っぱいキャラたちです。
 正直、このメンバーであるなら、僕は一緒に打てなくていい。試合をしている様子を見ながら、雀荘の店員のごとくお茶くみとかして、後は背景として「ざわざわ」言っておきます。そしてみんなが山に手を延ばす際に揺れるおっぱいに震えたりして過ごしたいです。

 ところで、このメンバー、気付いた方もいらっしゃるでしょうが、前回のコメントで教えて頂いた例のイラストの4人組です。最初は、あまりキャラを知らないたかみーを除いた3人にお相手してもらおうかと思っていたんですが、あの素晴らしいイラストを見てはそんな気もなくなってしまい、僕は傍観者の位置に甘んじることにしました。それでも十分に嬉しいです!

俺氏「というわけでよろしくお願いします!」
4人「……」←エトペンを見るような目

 4人がかりとか強烈ですよね。もっかいお願いします!

  ●

 さて、いかがだったでしょうか。
 なんか、たまには真面目なことを書こうとかちょっとだけ思ったけど、思っただけで終わってしまったというのはいつものことですね。それどころか当初の「麻雀知っていたら具体的な闘牌が云々」も全て無視して、「こいつ結局おっぱいのことしか頭にねぇよな」と皆さんに思われたことではないかと思います。全く言い訳次第もないですが、まぁ、こういうゆるい姿勢が当ブログの持ち味ということでご理解いただけると幸いです。

 なお、本当は他にも打ってみたい人はいっぱいいますけど、流石にあげきらなかったので、他メンバーについては皆さんのご意見などお聞かせいただければと思います。

 では、だいぶ遅くなってしまっていますが、コメント返信をしていきたいと思います。

続きを読む

こんばんは、極めない日々です。

 前回の更新では、真面目な普通の記事を書く普通のブログに転身しようとしたんですが、全くそうはならず、 申し訳ありませんでした。でも考えてみたら、シモネタの一つもない当ブログに人がくるのか、という疑問があり、疑問っていうか、もう結論出てるよね?(残当)って感じなのでやっぱりいつも通りにシモネタブログとして頑張って行きたいと思います。(なんだこの実りのない文章……)

 さて、そんな状況で、次は何の記事を書こうかなと考えた折、我がことながら、前回の記事で気になったものがありました。
 前回の記事中でのどっちがあんまり笑顔がないため、笑顔の似合う女の子に育てたいと語ったかと思います。ただし、その結果は、相変わらずの話の脱線っぷりにより、画像として怒った顔が載せられ、オマケにそのまま笑顔じゃないけど可愛いという話になってしまいました。
 これじゃあ、いくらなんでも消化不良でしょう、と思ったわけです。なので、ここは一つ、前回語りきれなかった内容を引き継ぎまして、「笑顔の可愛い咲キャラ」について語っていきたいと思います。

 ……なわけないよなぁ!?

 昔っから当ブログをご存知の方ならすぐにでも分かったはず。「このブログがそんなマトモなテーマを扱うわけがねぇ!」と。
 はい、そこに気付いた方、正解、大正解でございます。当ブログは正道を通らないことで有名(?)ですから、今回も当然ながら笑顔の可愛いキャラ、なんていう真っ当な咲ブログみたいなことはしません。

 というわけで、今度こそ今日のテーマ。「笑顔じゃない顔が可愛い咲キャラ」で行きたいと思います。
 相変わらず、記事タイトルになっててバレバレなことを持って回って語るブログスタイルですね。様式美だと思ってご容赦下さい。

 さて、しかし、そうすると「笑顔じゃないって何やねん?」という話になってくると思います。
 そんなアナタにFAQを用意しましたので、よく読んでから本日の本題の方に移って下さい。

Q1.やっぱり女の子は笑顔ですか?
A1.それもいいけど、今回は違います。

Q2.やっぱり女の子は泣き顔でしょ、ゲヘヘ。
A2.だよね、ゲヘヘ。

Q3.咲っていえばただの泣き顔じゃなくて戦犯顔こそ素敵やん?
A3.安福さんの悪口はそこまでだ。

Q4.女子高生に睨まれたりすると体があつくなるんですが?
A4.奇遇ですね。僕もです。

Q5.女の子の恥らう顔が見たいのです!
A5.咲の世界に恥という概念はないです。諦めてください。

Q6.おっぱい、おっぱい?
A6.おっぱい、おっぱい!



 以上、何の役にも立たなかった所で、早速、本題のほうを始めたいと思います。(安定の投げっぱなし)



1.臼沢塞
sae-rakusho

 塞さんって…………素敵よね。

 このブログでも何度も取り上げておりますし、それ以前から皆さん、当然ご承知のことと思いますが、あの腰つきはエロい。
sae-siro

 そりゃ、シロも塞さんの足の隙間に片足ツッコんでさりげなく股開かせようとしたくもなります。
 それにしても疲れて座り込んでいる人の足の間に自らの片足を突っ込むとか、普通はあり得ないですよね……天然ジゴロたるシロにとって、この足運びは自然のことなんでしょうか……?

 それはさておき。

 塞さんの魅力といえば腰からおケツ、太もも周りというのは、咲を愛読する皆さんの間では共通認識としてすでに確立しているものと信じて疑わないです。
 しかし、今回のブログテーマに沿って塞さんの魅力を紹介するならば、こうなります!

sae-warui
のどっちに振り込んで欲しい塞さん

 この表情、良い仕事してますねぇ~。
 冒頭の画像のあの笑顔や次の画像のあの儚さ。そして、それらに対してこれ。この悪そうな表情。

 でも別に、塞さんのことを悪く言うつもりなどは毛頭ないです。むしろ試合なんだから当たり前の表情であり、当たり前の感情です。ただし、塞さんの場合、普段のキャラとのギャップが大きくてどうしても印象深いものがあります。

miyamori-katei
宮守控え室での塞さん

 あれ? ジャスコとかで見たことあるぞ、この光景!?

 これ完全に、休日は家で寝てたいのにショッピングモールに連れて来られたお父さん(シロ)と、子供その1(エイちゃん)がまだ遊んでるんだから我慢しなさいって窘めてるお母さん(塞さん)、そして、久しぶりにお父さんが遊んでくれてテンションあがってる子供その2(胡桃ちゃん)ですよね。(なお、豊音ちゃんは家の守り神的な存在の模様)

 でも、そう考えると、なおのこと塞さんの上での表情にも得心がいきます。つまり、宮守という家を守る母親の心境なわけですね。母は強しとはよく言ったものです。
 実際、塞さんの出番が回ってきた際、宮守の順位は3位で、厄介な能力持ちのはっちゃんが対戦相手、気合の入り方もひとしおというもの、決して幼女(注:同じ年)をいたぶって快感を得ているわけではないので、誤解のないように……

sae-hatsumi-boroboro
なぜか幼女(同い年)を脱がそうとする塞さん

 と思ったけど、これは喜んでるかもしれませんなぁ……麻雀で振り込んでるだけなんだから別にひん剥く必要はどこにもないはずなんですが……。でもまぁ、はっちゃんから和了を取っている姿を見るに、塞さん、ドS体質っぽいし、一方ではっちゃんはドMっぽいし、これはしょうがないですね。

 さて……となるとお次は……?


2.薄墨初美
hatsumi-go
ゴッ!! (何が?)

 というわけで(?)、引き続きまして、永水女子のロリ担当、薄墨初美さんです。

 本当は、僕ははっちゃんを挙げるつもりは全然なかったんですよ。でも、塞さんの記事を書いてると、自然とはっちゃんの姿をたくさん見かけるわけですよ。
 するってぇと、「こいつ……カワエエな(ゴクリ)」ってなってしまったわけで、こりゃあもう挙げざるを得ないわけです。

 決して、僕がロリコンなんじゃなくてたまたまはっちゃんが好きなだけですから誤解のないようにお願いします!(ロリコンが使う言い訳第一位の台詞)

 さて、早速はっちゃんについてですが、まず最初にあげるのはこちら。

hatsumi-gushu

 顔じゃねぇじゃねぇか!

 いやいや、そう仰るのもよくわかるんですけどね、ちょっと想像力を豊かにしてみてください。この怪しい仮面の下ではっちゃんが泣いちゃってるんですよ。
 最初に、東・北とポンしたときには、思わず「ニヤリ」としていたはっちゃんが!
 これでも一応3年生で、周囲には年下の絹ちゃん、のどっちがいるというのに!

 本当は、こうして笑顔じゃなきゃ泣き顔っていうのも短絡かなぁと思って選ばないようにと考えていたんですけどね、やっぱ、はっちゃんは泣き顔ですよね。
 その辺、永水のドS担当でいらっしゃる霞さんはよくよくご理解しておられます。試合後に、姫様とはっちゃんを置いて温泉と海水浴に行こうとか言い出して涙目にさせて喜んでますからね。恐らく、副将戦ではっちゃんが塞さんに泣かされたことについて、「私のほうがうまく泣かせられるんだから!」と変な対抗心を燃やした結果なのだと思われます。

 以上です……って言おうとして、はっちゃんの項目なのに、まだはっちゃんの顔が出てないことに気付きました。

hatsumi-ku
はっちゃんの涙prprしちゃうゾ(^ω^)
 
 この後に完全に泣いちゃう顔もあるんですけど、こっちのほうが僕好みですかね。やっぱり、ガッツリ泣かせてしまうとなけなしの僕の良心も流石に痛みますので、これぐらいで留めてあげたいところです。
 その点も考えると、上記の霞さんの試合後のプレイ(?)も、ちょっと泣かせてみたけど、すぐに手のひら返すという力加減の仕方は実に見事、是非とも見習うべきだと思いました。

 まぁ、僕はどっちかというと、霞さんに良いように操られるポジションのほうが望むべくところではありますが……。


3.小鍛治健夜
sukoya-e

 すこやんって、なんというか、愛すべきキャラですね。
 こんな顔でかつて世界ランク2位で毎年MVPで実家暮らしで昼まで寝てるっていうんだから人間わかりませんよね。(後半はわかる)
 もちろん、麻雀で相対すればハルちゃんのごとく後々まで続くトラウマを植え付けられることになってしまうため、とてもそんな呑気なことを言ってられる場合じゃないのかもしれませんが。

 少し、話題が逸れますけど、すこやんの実際の闘牌はまだちゃんと描かれてはないですが、ハルちゃんの回想によるとどうも凄いことが起こるみたいです。
sukoya-taikyoku
雷ドーン!!

 え、なにそれ怖い……(ドン引き)

 テルーの竜巻ツモも大概だと思いますけど、こちらも全く意味がわかんないですね。どんな麻雀打ったらこのような稲妻ヅモになってしまうというのだろう……しかも、高校生時代でこれだというんだから、プロになった後は一体どうなってたんでしょうねぇ。
 さらに言えばそんなすこやんも勝てない世界1位っていうのはどんな麻雀打つんでしょう。なんだったら、真空ヅモとかで直接攻撃でもしてくるぐらいしかないと思いますね。なお、この一連の流れで「ぎゅわんぶらあ自己中心派」が出てきた人はオッサンです。僕と仲良くして下さい。

 閑話休題。

 さて、そんな風に、麻雀に関しては天変地異レベルのアレっぷりを発揮しているすこやんですが、打っている姿からはそういう覇気は感じ取ることができません。
sukoya-card
麻雀を打つすこやん

 なにこれ、怖くない!(歓喜)
 覇気どころか、やる気さえ感じられない表情に、ツモさえ面倒臭そうな牌の持ち方。
 でも、よく考えて見れば、これで、落雷とかぶちかましてトップを掠めとっていくというんだから同卓者としては、まさにトラウマ不可避でしょう。
やっぱり怖い……(半泣き)

 果たしてこのままトラウマ量産機として麻雀界で生きていくしかないのかと思われたすこやんではありましたが、ここにこーこちゃんという一条の光が差し込みます。彼女の若干ウザいぐらいの絡みのおかげで、実況などで特に顕著に出るすこやんの毒っぽさがすっかりと消え失せています。
 なお、ここの関係を表すならばどうしても本編よりも咲日和ということになるかと思います。
sukoya-peace
2万円でOKなすこやん

 ほら、こんな表情、試合中じゃ拝めませんよ。まぁ、もっとも、純粋な笑顔にならずどこかひきつっている辺りがすこやんらしいですね。(とはいえ、どこかひきつらないと今日のテーマ的に掲載できなくなるのですが)

 でも、作中では今のところ、こういうすこやんの表情を知っているのは、こーこちゃんと盗撮リアルタイム配信を見た一部の人だけです。実況中継を通して、少しずつ素顔を暴かれているとはいえ、一般に知れ渡っているすこやんの顔は、もちろん麻雀中のものでしょう。
 これは、咲日和でこーこちゃんが作ろうとしていたすこやん紹介ビデオ(ネコミミ+水着)の完成が待たれますね。こーこちゃんの性格からしてあっさり計画は頓挫してそうではありますが。

 ……はやりんのなら、そういう紹介ビデオいっぱいありそうだなぁ……割と普通に欲しいですね。


番外編.安福莉子
riko_koto
 ネタだけに使うのは流石に可哀想なので。

 世間では戦犯顔が取り沙汰されている彼女ですが、僕はこのシーンの若干トボけた感じの顔が結構好きなんです。他のシーンは普通の顔してるのに、なんでここだけ急にこんな顔になったんでしょうね。でもこの顔ってなんだか妙に癖になる味があるというかなんというか。

 彼女には今回の一件にへこたれることなく、是非とも秋や、来年に向けて頑張って欲しいものです。

  ●

 はい、今回は以上です。
 自分でやっといてなんですが、今までの記事の中でもかなりレベルの高い誰得記事でしたね。色んなキャラの画像載せて「可愛いよね(ウヒヒ)」って僕が呟くだけの記事を誰が見たいというのか!?(反語表現)
 せめて、普通に可愛い笑顔とかでやっとけば共感も得られようと言うものなのに、すぐに変なところせめようとするから……。でも、僕は結構楽しかったですね。まだまだ紹介しきれてないキャラもいますし、いずれ第二弾やるかもしれません(誰得やっちゅうのに)。
 でもまぁ、ぶっちゃけた話、記事量からお察しのとおり、塞さんのネタがやりたかっただけというのが本音です。いつもこんないい加減なブログにお付き合いいただいてありがとうございます。


 といったところで、いつもならコメント返信に移るところですが、今週は全然間に合いませんでした。明日も諸事情で家にいないので全然更新できませんし、一旦、ここで区切らせて下さい。
 皆さんから多くのコメントを頂いて嬉しい半面、なんやかんやでバタバタして返信ネタが全然追いつきませんでした。なるべく早めに対応しますので、しばらくお待ち下さい。

 今日のところは以上で! ありがとうございました。

このページのトップヘ